タモリが実践する自然災害への万全の対策とは!?

2014/08/19 21:58 配信

TV番組

タモリは巨大災害の危機を警鐘する「NHKスペシャル」で司会を務める

タモリは巨大災害の危機を警鐘する「NHKスペシャル」で司会を務める

将来起こりうる巨大災害に、最新の科学で迫るNHKスペシャル「巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃」がNHK総合で8月30日(土)、31日(日)、9月20日(土)、21日(日)と全4回で放送される。番組の司会を務めることが決定したタモリが会見を行い、番組の見どころや、災害に対する対策などを語った。

本作は、大気と海、地下のプレートやマントルの大循環など、地球に備わるダイナミックな変動のメカニズムから、将来起こりうる巨大災害の脅威に迫るドキュメンタリー。全4回はそれぞれ、「異常気象」「スーパー台風」「巨大地震」「火山大噴火」というテーマが設けられている。

今回の番組についてタモリは「最近本当に激しい天変地異が起こっておりまして、起こったがゆえに新しく分かったことがこの番組の中で語られております。私自身も疑問だったことに、なるほどなと思えるところが随所にありました」とアピールした。

番組では災害にまつわる新しい知見が紹介される。「自分たちが教わったり本を読んだりしたことと違う事実だったのが、巨大地震のメカニズムでした。それから、局地的に雨が降ったり、乾燥したりするメカニズムも知らなかったです。大きなところではこの2つです。そこを見ていただくと、メカニズムが本当によく分かります」(タモリ)とポイントを語った。

自身の地震に対する備えについてタモリは「まず自分の家を持つときに、その地面がどのような状態なのかを重点的に土地を選びました。東京は特に複雑な地形の上に立っていますので。見ると平らですけど、富士山がちょうど逆にスポッと入るくらい地下に固い基盤はなく、地震に対しては本当に弱いんです。その中で、比較的安全なところを選びました」と明かした。また、準備している防災グッズを「水、食糧の備蓄、それと発電機、石油ストーブです。石油ストーブは皆さん売っているものを想像しますが、あれは石油で熱を出して、電気の力でファンヒーターを出しているので、電気が止まるとまったく役に立ちません。それで九州の方に手を回しまして、昔あった電気の要らないパチンとやったら赤くなる石油ストーブを2台持っています」と災害に対して万全な体勢であることを示した。

今回の番組と、バラエティー番組との違いに質問が飛ぶと「ぼくはお笑いをやっているのと、こういう番組をやっているのとでは、気分的には差がないんです。同じ興味あることをやっているだけで、『この番組は堅苦しい』とかは一切思わないし、非常に面白く番組をやりました」と自らの番組への取り組み方を明かす。さらに、「僕が考えるのは、なんでもかんでもあるからバラエティーなんで、お笑いだけがバラエティーじゃないと思うんですよ。いろんな分野で成り立っていますので、それがバラエティーの面白いところだと思います。ですから、こういう番組をやるのとイグアナ(タモリが得意としていたものまね芸)をやるのとはまったく同じ気持ちです(笑)」とバラエティーに対する気持ちを語った。

NHKスペシャル「巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃」
『第1集 異常気象~“暴走”する大気と海の大循環~』(仮)
8月30日(土)夜7:30-8:45
『第2集 スーパー台風~海水温上昇がもたらす最悪のシナリオ~』(仮)
8月31日(日)夜9:00-9:50
『第3集 巨大地震~地下の大循環が生む脅威のパワー~』(仮)
9月20日(土)夜9:00-9:50
『第4集 火山大噴火~迫りくる大地動乱の時代~』(仮)
9月21日(日)夜9:00-9:50
いずれもNHK総合にて放送