松坂桃李と人型ロボット・NAOがダンス対決!

2015/02/07 15:21 配信

バラエティー

「ロボファイター」で初バラエティーMCを務める松坂桃李と人型ロボット・NAO

「ロボファイター」で初バラエティーMCを務める松坂桃李と人型ロボット・NAO

2月14日(土)に松坂桃李がMCを務める「ロボファイター」(夜9:50-0:00、フジ系)の放送が決定。松坂はバラエティー番組ではMC初挑戦となる。

「ロボファイター」は、人間と最先端のロボットが真剣勝負をする“人間VSロボット”対決バラエティーで、松坂は人型ロボット・NAOと共に各対決を紹介していく。俳優・松坂ならではの新鮮なナビゲートは、視聴者を「ロボファイター」の世界へと引き込んでいく。

松坂は、「非常に良い勉強になりましたし、刺激的でした。そしてすごく楽しかったです。自分としてもロボットが好きだったりしますので、特にロボットと絡んで出演できたというのはうれしかったです」と初MCを終えての率直な感想を述べ、「もし第2弾があったとしたら、スピードレーサー対決が見てみたいですね。ロボットが運転するのか自動走向するのか、プロのレーサーとの対決が見てみたいです」と続編への期待も。松坂は番組内で人型ロボット・NAOとのダンス対決も披露しているという。松坂の貴重な素顔が垣間見えるシーンにも注目だ。

「ロボファイター」で紹介する対決の一つ、“野球対決”では、'14年に日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスから内川聖一選手、松田宣浩選手、細川亨選手が参戦。3人が対戦するのは、人工知能によってあらゆる球種を完璧に投げ分けられる最先端のピッチングマシン“Pitch18”。このマシンには北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平投手のストレート、東京ヤクルトスワローズの一軍投手コーチ・伊藤智仁のスライダー、元プロ野球投手・野茂英雄のフォークなど、日本球界を代表するエースたちの球種がセッティングされているという。対決ルールは、内川選手、松田選手、細川選手の誰かが、ピッチングマシンから1球でもヒットを打てれば人間側の勝利、という内容だ。

また“ゴルフ対決”では、ツアー通算28勝を誇る片山晋呉選手と、アメリカで生まれた最先端のゴルフロボット・ジェフがガチンコ対決。ドライバーでの飛距離を競う勝負、カップまでの近さを競う勝負、ボールを池で飛び跳ねさせて対岸まで運ぶ勝負という3つの戦いを繰り広げる。その他、ルービックキューブを全面そろえる速さを競う対決、制限時間内で牛乳の搾乳量を競う乳搾り対決など、さまざまな分野で“人間VSロボット”の真剣勝負を展開する。

最後に松坂は「ロボットの現在の進歩、そして未来に向けての可能性を見ることができ、さらにプロフェッショナルな方たちが発揮する人間の未知なる可能性も見ることができます。ロボットという人間が作り出した力と、それに立ち向かう人間の本来持っている秘められた力との対決は、手に汗握り楽しんでいただけると思うのでぜひご覧ください!」と番組をアピール。

「土曜プレミアム『ロボファイター』」
2月14日(土) 夜9:50-0:00 ※放送開始が最大30分遅れる場合あり
フジ系で放送
ナビゲーター=松坂桃李
スタジオゲスト=ピース、丸岡いずみ、武井壮、酒井善史、長場景子