「花子とアン」から約半年!高梨臨が中園作品に再び挑む

2015/03/03 06:00 配信

芸能一般

高梨は倫太郎に思いを寄せる葉子役

高梨は倫太郎に思いを寄せる葉子役

堺雅人が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ「Dr.倫太郎」(4月スタート、水曜夜10時)に、高梨臨が出演することが発表された。「Dr.倫太郎」は、堺演じる精神科医である主人公・倫太郎が、さまざまな症状を持つ精神疾患患者たちと向き合い、その心に寄り添うことによって患者の心を治療していく物語。高梨はそんな倫太郎に思いを寄せる研修医・川上葉子を演じる。高梨演じる葉子は、倫太郎の著書を読み、感銘を受け慧南大学病院へ。次第に、倫太郎への思いが“憧れ”から“本気の恋”に変わっていく。その気持ちがエスカレートして、とんでもない事件を起こす引き金となってしまう。

高梨と言えば、14年のNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で、花子の友人・醍醐亜矢子役での好演が記憶に新しい。今回の脚本は、「花子とアン」を担当した中園ミホが手掛けるとあって、高梨の気合もひとしおだ。

「堺さんをはじめとして、豪華なキャストの皆さんと、このような企画に参加出来ることを本当にうれしく思います。とても緊張しますが、緊張していたらもたないと思い、スタッフ、キャストの皆さんから日々学び、そして一緒にこのドラマを素敵な作品に作り上げていきたいと思います。そして、花子とアンでお世話になった脚本家の中園ミホ先生とまたご一緒させていただけて、とてもうれしいです。たくさんの方に見ていただけるように、そして皆さんの期待に応えられるように取り組んでいきたいと思います。このドラマを見て、皆さんが楽しい時間を過ごしていただけたらうれしいです」とコメントを寄せている。

その他、超豪華出演者が脇を固める。

倫太郎と恋に落ちるナンバーワン芸者・相沢明良役に蒼井優、倫太郎のおさなじみの外科医・水島百合子役に吉瀬美智子、倫太郎を信頼する看護師・桐生薫役に内田有紀。ほか、高橋一生、遠藤憲一、松重豊、長塚圭史、酒井若菜、余貴美子、高畑淳子、石橋蓮司、小日向文世が出演する。

「Dr.倫太郎」
4月スタート
毎週水曜夜10:00-11:00
日本テレビ系で放送

出演:堺雅人、蒼井優、吉瀬美智子、内田有紀、高梨臨、高橋一生、真飛聖、中西美帆、余貴美子、遠藤憲一、酒井若菜、長塚圭史、松重豊、石橋蓮司、高畑淳子、小日向文世
脚本:中園ミホ
演出:水田伸生
プロデューサー:次屋尚

キーワード

関連番組

関連人物