田中れいな、盗んだハートでメジャーデビュー!?

2015/03/06 20:39 配信

芸能一般

田中れいな率いるLoVendoЯの全国ツアーがファイナルを迎えた

田中れいな率いるLoVendoЯの全国ツアーがファイナルを迎えた

田中れいな率いるガールズロックバンド・LoVendoЯの全国ツアー「LoVendoЯ LIVE TOUR 2014-15~あなたの心(ハート)を盗(いただ)きます~」が3月5日、東京・新宿BLAZEでフィナーレを迎えた。

本ツアーは'14年11月1日に東京・原宿アストロホールでスタート。4カ月にわたって14会場19公演が行われてきた。

ライブではまず、オープニングアクトとして田崎あさひ、長谷川萌美によるユニット・Bitter & Sweetが登場。現在、全国インストアライブ中の二人が新曲「恋愛ウォーズ」など2曲を披露した。

そして会場が再び暗くなりLoVendoЯが登場。このツアー恒例の演出となった、暗闇から電灯を持ったメンバーが現れるシークエンスから「派手に奪っちゃうよ」という田中のせりふ、'13年11月リリースのミニアルバム『イクジナシ』収録の「この世に真実の愛が一つだけあるなら」でライブはスタートした。

岡田万里奈が「今日は長いですよ」と話せば、田中が「2時間半、夢の時間にするよ」と呼応。しなやかでコケティッシュな田中の歌声と、タフで芯の強い岡田のボーカルとのコンビネーションが高まりを見せ、「DO YOU BELIEVE」などハモりが強調される曲でも組み合わせの妙を聞かせた。

また、ツインギターの魚住有希と宮澤茉凜もインストで構成された「Desert of moonlit night~月夜の砂漠~」「Princess of lone castle~孤城の姫君~」のギター・コンビネーションで、官能的とも感じるような魅力を放っていた。

中島卓偉が手掛けた岡田ソロ「洗脳」、田中ソロ「相思相愛」の2曲の新曲を経て、サポート・ベースのMeguが所属するバンド・Zweiとのコラボレーション・ライブも展開。「純情スペクトラ」など、Zweiのボーカル・Ayumuを加えた3ボーカルでのパフォーマンスなど、この日ならではの演出に会場のファンも大満足の様子だった。

そして、ライブ定番曲「Stonez!!」「人生マニアック」「For The Future」で会場は一気にヒートアップ。「愛の儀式」「ホントノキモチ」と続き、「イクジナシ」でいったん幕は下りた。

メンバーがTシャツに着替えて再登場したアンコールは「BINGO」でスタート。

MCで田中は「あっという間に終わってしまったツアーだった」と振り返った。さらに、日程が未決だったメジャーデビューが7月1日(水)に決定したことを発表。岡田が「メジャーで突っ走る」と宣言し、「だけどもう一度 それでももう一度」で全28曲、約3時間弱という長尺ライブを締めくくった。

■LoVendoЯ公式HP
【HP】lovendor.jp/

キーワード

関連人物