きゃりーぱみゅぱみゅが主題歌ドラマにゲスト出演

2015/03/12 17:27 配信

ドラマ

3月19日(木)放送「問題のあるレストラン」最終話にきゃりーぱみゅぱみゅが出演!

3月19日(木)放送「問題のあるレストラン」最終話にきゃりーぱみゅぱみゅが出演!

3月19日(木)放送の「問題のあるレストラン」(夜10:00、フジテレビ系)最終話に、同ドラマの主題歌を担当するきゃりーぱみゅぱみゅが出演することが分かった。

セクハラ・パワハラ男性陣にリベンジを誓う真木よう子演じるたま子ら“問題のある”女性7人がレストラン「ビストロ フー」を立ち上げ、奮闘する“女性応援”コメディーも、いよいよ最終話。

その最終話にゲスト出演するきゃりーぱみゅぱみゅは、「ビストロ フー」に客としてやって来て、ひょんなことからたま子(真木)らビストロのスタッフたちと一緒に“CUPS(カップス)”をやり始める。

“CUPS”とは、コップを打楽器としてたたいて音を出すリズムパフォーマンスで、第4話の中でもたま子らが披露し反響を呼んだもの(公式サイトに動画もアップされている)。

収録スタジオにやって来たきゃりーぱみゅぱみゅは、真っ先に「ビストロ フー」のセットへ。慣れないドラマの現場で、さらに“CUPS”の振り付けを覚えなければいけないというプレッシャーで緊張の面持ちだったが、にこやかに共演者やスタッフにあいさつしそのまま現場はリハーサルへ突入。

きゃりーぱみゅぱみゅは、同世代の二階堂ふみをはじめ気さくでにぎやかな「ビストロ フー」のメンバーたちともすぐに打ち解け、芝居の返し稽古にも積極的に参加。

本番でNGが出てしまった際には、真木とYOUがきゃりーぱみゅぱみゅのヒット曲「PON PON PON」の一節を歌って、緊張を解きほぐす一幕も! 

最後は完璧なチームワークを見せ、最後の一番難しいところでは、本番一発OKが出るなど素晴らしい撮影となった。

きゃりーぱみゅぱみゅは、「めちゃくちゃ緊張しました!ドラマの現場には慣れてないし、歌の時よりも緊張したくらいです。最終的にOKカットだったのですが、自分の中では手の動きとか難しくて、ちょっと問題あったかもしれないです。この撮影のためだけに来たのに一度NGを出してしまい迷惑をかけてしまって…。でも皆さんとても優しくて、慰めていただきました」と撮影の感想を話した。

きゃりーぱみゅぱみゅが歌う「問題のあるレストラン」の主題歌「もんだいガール」は、サウンドプロデューサーCAPSULE・中田ヤスタカの書き下ろし作で、きゃりーぱみゅぱみゅ初のドラマ主題歌となっている。

配信はスタートしているが、CD盤は3月18日(水)に発売される予定。

最終回に登場するきゃりーぱみゅぱみゅや、「ビストロ フー」の女性陣がどういう選択をしていくかを楽しみにしていよう。

「問題のあるレストラン」
毎週木曜 夜10:00-10:54
フジテレビ系で放送
※最終話は3月19日(木)
脚本=坂元裕二
プロデューサー=清水一幸
演出=並木道子、加藤裕将
出演=真木よう子、東出昌大、二階堂ふみ、高畑充希、菅田将暉、松岡茉優、臼田あさ美、YOU、安田顕、田山涼成、吹越満、杉本哲太 ほか

【公式HP】www.fujitv.co.jp/mondainoaru_restaurant/
【第4話の“CUPS”シーン動画】www.fujitv.co.jp/mondainoaru_restaurant/movie/

関連番組

関連人物