ちびまる子ちゃんカフェで三上真奈アナが食リポに挑戦

2015/03/20 21:39 配信

「ちびまる子ちゃんカフェ」に登場したまる子、三上真奈アナ、笠井信輔アナ(写真左から)

「ちびまる子ちゃんカフェ」に登場したまる子、三上真奈アナ、笠井信輔アナ(写真左から)

3月21日(土)から、東京・台場のフジテレビ本社1階に「ちびまる子ちゃんカフェ」がオープンする。

温かく落ち着いた雰囲気で、オリジナルで描かれたまる子や仲間たちが彩る店内は、モニターにこれまで放送されたオープニングやエンディングの映像が流れる他、間違い探しの描かれたトレーマットが使用されるなど、大人から子供まで楽しめるカフェになっている。

また、メニューは見た目もかわいらしく仕上がっており、まる子が大好きなハンバーグや、永沢くんをイメージしたオニオンスープ、キャラクターの顔が描かれたラテなど、20種類を超えるオリジナルメニューが用意されている。

オープン前日の20日にはプレス向け内覧会が行われ、笠井信輔アナ、三上真奈アナ、まる子が登場。

まる子の衣装で現れた三上アナは「本物と並ぶと、ちょっと私キツいなというか、大丈夫ですか?(笑)。『ちびまる子ちゃん』は放送25周年ということなんですけれども、私、25歳なんです。まる子ちゃんを見て、大きくなりました」とコメント。

一方、戸川先生の格好の笠井アナは「今回、この司会をするように言われた時、『戸川先生としてならやりましょう』と自ら条件を出しました。久しぶりに(戸川先生に)なりたかったんです」と戸川先生の格好をするに至ったいきさつを明かした。

また、三上アナはカフェのメニューで食リポに挑戦することに。

最初に運ばれてきたのは「まるちゃんのヘルシー豆腐バーグプレート」。「見た目もかわいい!」と好リアクションを見せる三上アナは、「これ、すごく優しい味がします。女性は病みつきになる味です」と続け、まずまずの滑り出し。

2品目は、永沢君の顔が描かれた玉ネギが丸ごと1個入った「永沢君のじっくり煮込んだオニオンスープ」。三上アナは一口食べて「温かい味がします」とリポートするが、笠井アナから「三上さん、スープは温かいものです」とツッコまれてしまう。

そして、さらなるコメントを求められた三上アナは「野菜が煮込まれていておいしい」と味を伝えるも、笠井アナに「スープですから、煮込まれているのは当たり前です」と再び返されてしまう。

最後の3品目に出てきたのは、まる子のラテアートが施されたイチゴ味のカフェラテ。「まずチョコレートの香りが来ます。きっとこのまるちゃんがチョコレートで書かれてるんですね」といい出だしを見せるが、味については「イチゴチョコの味です」とそのままの事を言ってしまうと、最後は「あなたの表情を見ていれば、それが楽しい物であり、おいしい物であることが分かりました」と笠井アナがフォローして食リポは終了した。

最後に、記者から「どんな気分の時にカフェに行きたいか」と質問されると、三上アナは「一人で行くときは落ち着きたい時、誰かと一緒の時は楽しい気分を共有したい時」と自身がカフェを利用する時について回答。

また、「ちびまる子ちゃんカフェに、アナウンス室の誰と一緒に来たいか」という質問には、笠井アナが「軽部(真一)アナウンサーと来たいです。軽部アナウンサーくらいしか友達がいないのかもしれません(笑)。映画の話をしたり、自分たちの失敗の話をしたりするのがいいかなと思います」と語った。

「ちびまる子ちゃんカフェ」
東京都港区台場2-4-8 フジテレビ1階
営業時間 朝9:00-夜7:00(ラストオーダーは夜6:30)
※約1年間の期間限定オープン

関連人物