イノッチがアド街の司会!オファーの決め手は「京急」

2015/03/23 13:55 配信

バラエティー

V6の井ノ原快彦を司会に迎え、パワーアップするアド街ック天国

V6の井ノ原快彦を司会に迎え、パワーアップするアド街ック天国

テレビ東京系の情報バラエティー番組「出没!アド街ック天国」の司会が、愛川欽也から井ノ原快彦に交代することが決まった。

本番組は、おなじみの街から「えっ、こんな街あったの?」という意外な街まで、あらゆる街に出没し、徹底的に紹介する地域密着型都市型エンターテインメント。

'95年4月15日に放送を開始し、ことし3月7日に放送1000回を迎えたのに続き、4月には放送20周年を迎える節目のタイミングで“新しい風”が吹く。

井ノ原が単独でテレビ東京のゴールデンタイムのレギュラー番組MCを務めるのは初。新司会者として初めての収録は4月4日(土)放送分の「根津・千駄木」で、3月18日に無事終了している。

井ノ原は初収録を終え「楽しかったです。周りの皆さんが温かく迎えてくださったのであっという間に終わっちゃいましたね」と安心した様子。

「アド街の新司会者」のオファーには「いちファンとして見ていた番組の話が来るなんて、すごいことですよね? やらせていただけるのでしたら、そんなうれしいことはない。とにかく気合が入っています」とやる気十分。

前任の愛川から司会者が42歳若返ることについて「若輩者です! 80歳まで20年間司会を務めるって偉大な記録ですよね。愛川さんが42歳の時に僕が生まれたということですか!? まだまだですよ、人生! 自分の力で何ができるのか、模索しながらやりたいと思います」とフレッシュにコメントした。

また、興味のある街について聞かれると「自分が住んでいた街がどうなっているのか気になります。浅草出身なのですが、6歳くらいの時に品川に引っ越しているので実は知らないことだらけ。今この年齢になって浅草行くとめちゃくちゃ面白い。京急線沿線の青物横丁や立会川辺りにも親元を離れて一人暮らししていたので、知っているお店が今どうなっているのかが気になります。そこら辺なら、ちょっと地元なので、街に詳しいレギュラーの皆さんに一つ二つはお教えできることがあるのではないかな」と、積極的に番組に飛び込んでいく姿勢を見せた。

林祐輔プロデューサーは「井ノ原さんと初めて打ち合わせた時、『詳しい街は?』とお聞きして、出てきた答えにビックリ。青物横丁、蒲田、立会川…なんとアド街が得意とする『京急線沿線』です。また、生まれたのは浅草だと。こちらは20年のアド街の歴史の中で最多出没の街。なにか因縁めいたものを感じずにはいられません。外見はすらりとしてカッコいいのに、意外と庶民派。司会者としての人気も経験も実力も申し分ない…そんな井ノ原さんと共に、番組は本気で2000回を目指します」と大記録へ突き進むことを宣言した。

「出没!アド街ック天国」 
毎週土曜夜9:00-9:54ほか
テレビ東京系ほか
司会=井ノ原快彦、須黒清華アナ
レギュラー出演者=峰竜太、薬丸裕英、山田五郎

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース