男性が移り気なのはしょうがない!前田敦子が本音告白

2015/04/20 23:49 配信

映画

寛容な男性観を明かした前田敦子

寛容な男性観を明かした前田敦子

映画「イニシエーション・ラブ」(5月23日・土公開)の完成報告会見が、4月20日に都内で行われ、出演者の松田翔太、前田敦子、木村文乃と、堤幸彦監督が登壇した。

同作品は、一見純粋なラブストーリーが最後の2行で驚がくのミステリーに変貌するという衝撃的なトリックが話題を呼び、発表から10年を超えた現在も賞賛を集め、累計発行部数が150万部を超えた乾くるみによる同名小説を映画化したもの。

合コンで出会った奥手な大学生・鈴木(松田)と歯科助手・マユ(前田)のぎこちない恋愛模様を描いた“静岡編”と、就職して上京した鈴木が静岡に残ったマユと遠距離恋愛を始め、同僚・美弥子(木村)と出会うことでその関係が徐々に崩壊してしまうという、'80年代後半の静岡と東京を舞台につづられる青春ラブストーリー。

しかし、甘く切ない恋物語はラスト5分でそれまでの全てが覆る驚がくの展開を迎える。

会見に登場したメンバーは、「最初に台本を読んだ時は普通にだまされて、何度も読み返しました。完成したものを見て、本当に面白かったです! '80年代という世界観だからこそ生まれるミステリーだと思います」(松田)、「台本を読んで、『こんなにわくわくしたのは初めて!』っていうくらいの台本でした。出来上がったものを見て、本当に楽しかったです。もう4回も見ちゃいました! 公開したら劇場に普通に見に来ます」(前田)、「実は原作が発表された当時に読んでいまして、まさか10年後にだまされた作品の登場人物になると思っていなかったので、本当に驚きました。原作に忠実なんですが、普通に恋愛映画としても面白くて! その分ラストのだまされ方がすごく大きいです」(木村)とそれぞれ告白。

そんな中、マユと美弥子の間で揺れ動く鈴木を演じた松田は「どちらの方がタイプ?」と聞かれ、「あのう…、どっちもというか…。鈴木と同じなんですけども…。どちらも好き…です」と歯切れ悪く答え、「この映画を見ていただけると、そんな気持ちが分かっていただけると思います」と主張。

一方、「鈴木の移り気な部分は、どう感じたか?」と聞かれた前田は、「しょうがないんじゃないかなって思いますけど。でも、最後の失敗はしてほしくないですね。『だったら、やめて!』って思っちゃいます」と明かした。

映画「イニシエーション・ラブ」
5月23日(土)公開

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース