清水富美加 初キスシーンは「犬のぬいぐるみで練習」

2015/05/03 18:30 配信

映画

「1時間くらいキスしてた」橋本監督にクレーム!?する清水富美加

「1時間くらいキスしてた」橋本監督にクレーム!?する清水富美加

NHK連続テレビ小説「まれ」(NHK総合ほか)で主人公・希(土屋太鳳)の親友・一子役を演じ、注目を集めている若手女優の清水富美加が、5月9日(土)公開の映画「ズタボロ」の完成披露上映会に出席した。

今作はゲッツ板谷の自伝的小説「ワルボロ」の続編で、ゲッツ板谷の不良高校時代を赤裸々に描いた「メタボロ」「ズタボロ」の2冊の小説を映画化したもの。上映会には、主演を務めた永瀬匡のほか、堀井新太、成田瑛基、木村祐一橋本一監督も登壇した。

仲間のために闘いに身を投じる主人公・コーイチ(永瀬)の恋人で、テキ屋の清美を演じた清水は、同作で初めてキスシーンや茶髪に挑戦したと明かし、「髪の色がなかなか抜けなくて、5時間くらい掛かった」と苦笑い。さらに、キスシーンに関しては、橋本監督に「ドライ(※リハーサルの一種)長すぎ! 1時間くらい永瀬さんとキスしてたと思います」とクレームも。「家で犬のぬいぐるみ相手に練習したのですが、全然意味なかった」と振り返り、「永瀬さんがリードしてくださったので」とニッコリ。すると、永瀬は「本当はリードしちゃいけなかったのですが、(清水が)子犬のように震えていて…(笑)」と冷やかし、清水を赤面させる場面も。

また、司会者から「こんな男性たちはいかがですか?」と聞かれた清水は「(やんちゃな男性は)いやです!」と即答。だが、隣にいた成田に熱視線を向け「でも成田さんはいいですね。みんな汗かいてないのに、すごい汗かいてる」と成田を動揺させていた。

映画「ズタボロ」
5月9日(土)公開

キーワード

関連番組

関連人物