GW明け「アイムホーム」第4話のゲストは平泉成!

2015/05/07 07:00 配信

ジャニーズ

「アイムホーム」で主人公・久(木村拓哉)の妻・恵を演じる上戸彩、息子・良雄役の高橋來(写真左から)

「アイムホーム」で主人公・久(木村拓哉)の妻・恵を演じる上戸彩、息子・良雄役の高橋來(写真左から)

毎週木曜に放送中のSMAP・木村拓哉主演ドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系)。5月7日(木)放送の第4話には名優・平泉成がゲスト出演する。

第4話のあらすじは、久(木村)が失った記憶を少しでも取り戻せると思い、事故にあった時に単身赴任していた町を訪れる。当時よく通っていた店を巡ってみるが、一向に記憶はよみがえらなかった。

その揚げ句、以前住んでいたアパートの部屋を今の自分のすみかと勘違いし、帰宅。たまたま鍵が開いていたため、勝手に上がり込んで寝てしまい、翌朝、現在の住人である徳山正夫(平泉)と鉢合わせしてしまう。

幸い徳山はその状況に理解を示し、久を温かく迎える。久が作った朝食を食べ、お互いの身の上を語り合う。徳山は経営していた会社が倒産し、妻の葉子(市毛良枝)にも愛想を尽かされ、今はこのアパートに一人で暮らしているのだという。

「またいつでも遊びに来てよ」という徳山に名刺を渡し、久は出社する。しかし、久に手渡された「葵インペリアル証券」と書かれた名刺を見た徳山は、顔色を変える。

その夜、恵(上戸彩)と良雄(高橋來)が待つ家に戻った久は、良雄の小学校お受験問題で、恵と言い争いになる。受験のため、大好きなサッカーをやめなくてはならず、落ち込む良雄を見た久は、無責任にも恵に「受験をやめてもいいのではないか?」と提案したのがきっかけだった。

元はといえばお受験はエリート志向が強かった久が言い出したことであり、これまでの生活を犠牲にしてまで良雄を幼児教室に通わせていた恵は、久の無責任な発言に激怒する。

そんなある日、久は徳山の会社の倒産の原因が葵インペリアル証券にあったと知る。強がりつつも、葉子の帰りを待ち続けている徳山のため、葉子の居場所を突き止め説得したいと考えるが、そこにはある衝撃の事実が隠されていた。

ゴールデンウィーク明け初日で、まだまだ休みボケの人もいるかもしれないが「アイムホーム」を見れば仕事の記憶を取り戻せそうだ。もちろんゲストの平泉も家でまな娘たちと見ているかも?

ドラマ「アイムホーム」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース