広瀬すずが美人4姉妹の縁側女子トークを明かす!

2015/05/27 20:16 配信

芸能一般

写真集「海街diary」の発売記念イベントに出席した広瀬すずが写真集をアピール

写真集「海街diary」の発売記念イベントに出席した広瀬すずが写真集をアピール

6月13日(土)から全国公開される映画「海街diary」の写真集「海街diary」の発売を記念して、5月27日にイベントが行われた。会場には、映画に出演する広瀬すず是枝裕和監督、写真集と映画の撮影監督を手掛けた瀧本幹也が出席した。

映画「海街diary」は吉田秋生の同名コミックを映画化した作品。神奈川・鎌倉を舞台に、3姉妹と腹違いの妹が本当の家族になるまでの1年間を描く。

先日、初めてカンヌ国際映画祭に行ったという広瀬は「初めてのカンヌは楽しかったです。映画の街だなという印象を受けました。映画の中とは違った衣装でお姉ちゃん(綾瀬はるか長澤まさみ夏帆)たちとレッドカーペットを歩けたのがうれしかったです」と笑顔でコメント。

そんな広瀬のコメントを聞いた是枝監督は「4姉妹(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず)やスタッフをあの舞台に連れて行けて、幸せな時間でした。記者会見の時、すず(広瀬)は4人の中で一番しっかり受け答えができていたと思います」と感想を。

今回、写真集を手掛けた瀧本は「写真集の出版は、映画の撮影が始まってから決まりました。映画の撮影の合間に、日本家屋の縁側にいる4姉妹を写真に残したくて…」と写真集に対する思いを語った。

映画の撮影の合間、縁側で4姉妹が楽しそうに話している写真を見た広瀬は「『あそこのご飯屋さんおいしいよ!』とか、食べ物の話をしていることが多かったですね。あと、『瀧本さんは現場ではクールに見えるけど、普段はどんな人なんだろう』『監督ってかわいいよね(笑)』」とか…」と女子トークの内容を明かした。

写真集「海街diary」は映画を撮影する過程で記録した写真で構成されたもの。映画同様、4姉妹のみずみずしい演技と鎌倉の四季折々の美しい風景が織りなす掛け替えのない時間を収録。さらに、映画にはないシーンも多数楽しめる1冊になっている。

写真集「海街diary」
著者:瀧本幹也
発行:青幻舎
定価:3200円+税
※全国書店、Amazon他にて発売中

映画「海街diary」
6月13日(土)全国東宝系公開
監督・脚本:是枝裕和
原作:吉田秋生「海街diary」(小学館「月刊フラワーズ」連載)
音楽:菅野よう子
撮影:瀧本幹也
出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、リリー・フランキー、前田旺志郎、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎

関連人物