最終回目前「アイムホーム」をサクッとプレーバック!

2015/06/17 06:00 配信

ジャニーズ

6月18日(木)の「アイムホーム」最終回に登場する葵インペリアル証券の社長・上王子役の沢村一樹

6月18日(木)の「アイムホーム」最終回に登場する葵インペリアル証券の社長・上王子役の沢村一樹

6月18日(木)に最終回第10話を迎える木村拓哉主演ドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系)。最終回を見る前に、これまで見たことがない人も、毎週欠かさず見てきた人も楽しめるように、初回から第9話までプレーバックする。

【第1話/4月16日放送】

証券会社のエリートサラリーマンとして活躍してきた家路久(木村)は、爆破事故による脳の障害で仕事に支障をきたしていた。これまで所属していた第一営業部から、閑職セクションの第十三営業部に異動した久は、今までとは180度違う会社人生を生きることに。

「それでも自分には大切な家族がいる」と、久は閑静な住宅街にある一軒家へ。しかし、そこは別れた前妻・香(水野美紀)の家だった。

慌てて鍵を香に返し、家を飛び出した久は帰るべき“今の家族”が待つ家へ。そこは久が妻の恵(上戸彩)と4歳になる息子・良雄(高橋來)と暮らすごく普通の家庭だったが、久からは2人の顔が仮面に見えてしまう。

【第2話/4月23日放送】

ある朝、久は妻・恵から「レンタルビデオ店から延滞料金の連絡が来た」と告げられる。借りていた作品がアダルト系のDVDだったため、あきれた恵には白い目で見られてしまうが、久はエンドクレジットを見て、その作品が唯一の親友・山野辺(田中直樹)が監督を務めたものであることを思い出す。

早速、鍵の束の中から山野辺のアパートの鍵を見つけ出した久は、山野辺の部屋へ。昔一緒によく食べた、久のお手製ピリ辛キャベツをつまみながら、失ってしまった記憶の中の5年間について尋ねる。

【第3話/4月30日放送】

久はまたしても記憶違いで、別れた妻・香の父・和也(寺田農)の法要の場でテキパキと働いていた。香の妹・祥子(蓮佛美沙子)は、読経の席で久の姿を見つけ、驚きを隠せない。しかも久は野沢家の親族に突然殴られてしまう。

どうやら久は「葵インペリアル証券の専務だった和也の娘・香と打算で結婚し、価値がなくなったら離婚。金目当てで資産家の娘(恵)と再婚した」らしい。親族たちがそううわさしているのを耳にした久は事実を確認し、過去の自分にがくぜんとする。

そんな中、久の息子・良雄の幼稚園の運動会が近づく。“登り棒”の練習に付き合う約束をした直後、香に呼び出され約束をすっぽかす。しかも目の前で香が倒れ、久は病院へ。その後、病院で祥子と会った久は、香との本当の離婚理由を聞かされる。

【第4話/5月6日放送】

久は以前住んでいたアパートの部屋を今の自分のすみかと勘違いし、帰宅。たまたま鍵が開いていたため、勝手に上がり込んで寝てしまい、翌朝、現在の住人である徳山(平泉成)と鉢合わせしてしまう。

幸い徳山はその状況に理解を示し、久を温かく迎える。「またいつでも遊びに来てよ」という徳山に名刺を渡すが、久に手渡された「葵インペリアル証券」と書かれた名刺を見た徳山は、顔色を変える。

そんなある日、久は徳山の会社の倒産の原因が葵インペリアル証券にあったと知る。強がりつつも、元妻・葉子(市毛良枝)の帰りを待ち続けている徳山のため、葉子を説得したいと考える。

【第5話/5月13日放送】

久は現在の営業先から近いこともあり、爆破事故で記憶を失ってから初めて実家を訪れる。酒店だったはずの実家はコンビニに変わっており、そこには弟の浩(永井大)一家と母の梓(風吹ジュン)がいた。

久の姿を見た途端に敵意をむき出しにした浩とは対照的に、梓は喜んで久を迎え入れる。その後、今の家に帰った久は恵から、事故前は実家に寄り付きもせず、梓が作った野菜も「貧乏だった昔の生活を思い出すから」と送り返していた、と聞かされる。

実家のコンビニの様子が気になっていた久はインターネットで検索してみる。すると悪質な投稿が多数書き込まれているのを見つけ、久は松山茂(遠藤要)というクレーマーから嫌がらせを受けていることを聞く。 

【第6話/5月20日放送】

連休に蓼科の別荘に遊びに行くことになった家路家の前に、四月(鈴木浩介)ら第十三営業部の面々が現れる。久が連休に別荘に行くと聞き、うらやましくなって様子を見に来た揚げ句、家路家のバーベキューに無理やり参加しようとする。

その夜、久の携帯電話にすばる(山口まゆ)から着信が入る。取り留めもない会話の中で、久は昔、香とすばるの3人で八ヶ岳に行ったことを思い出す。恵、良雄とは対照的に、香、すばるとはたくさんの思い出があることを実感し、心に葛藤が生まれる。

【第7話/5月27日放送】

事故以来初めてのキスを交わした久と恵だが、恵の顔はまだ仮面のままだった。

一方恵は、久から「今君がどんな表情をしているのか分からないんだ」と告げられ、戸惑いと憤りを覚える。そんな折、警察から、久の父親・洋蔵(北大路欣也)が無銭飲食未遂で保護されたとの連絡が入る。

渋々警察に面会に行くが、幼いころに家を出たきり、一度も連絡がなかった洋蔵が突然現れたことで、久は驚きと怒りが入り交じった感情を抱く。

そして、突然がんを宣告された久の前妻・香は治療のために入院。不安に駆られるすばるは、久に連絡をしたいと言うが、香の妹・祥子はそれを禁じる。

【第8話/6月4日放送】

部長の小机(西田敏行)に誘われるまま飲みに行った久は、泥酔して間違って昔の愛人・杏子(吹石一恵)のマンションに帰ってしまう。自分たちが1年ほど不倫関係にあり、久の地方転勤とともに関係解消したことを聞き、久はがくぜんとする。

さらに、小机から「社長秘書(杏子)に手をつけたことで怒りを買い、地方に飛ばされた」と、自身の衝撃の事実を明かされる。

そんな中、すばるに呼び出された久は、ついに香の病気について知る。心配する久だが、祥子から姉の前には現れないでと言われてしまう。

【第9話/6月11日放送】

病室で取り乱した香の元に駆け付けた久は、「僕にできることは何でもするから」とサポートを申し出る。

そんなある日、久は昔の取引相手・泊(ユースケ・サンタマリア)から、数年前に行った土地転売の話を聞く。法務局でその経緯を確認し、自分が買った後に大暴落した100坪もの土地を、恵の父の会社に転売していたことを知る。

そして、苦悩する久を襲うかのように恵からさらなる衝撃の告白が! それに呼応して、ついに久は恵に顔が仮面に見えるという話をしてしまう。

泣いても笑ってもあと1話。最終回で全ての鍵の行方が明らかになる。久が最後に帰る家は果たしてどこなのか?

ドラマ「アイムホーム 最終回拡大スペシャル」
6月18日(木)夜9:00-10:09
テレビ朝日系で放送