ジェーン・スー原作ドラマシーズン2に朝ドラ女優集結

2015/07/07 22:47 配信

ドラマ

ジェーン・スー原作ドラマ「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」シーズン2がこの秋、オンエア!

ジェーン・スー原作ドラマ「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」シーズン2がこの秋、オンエア!

CS放送女性向けエンターテインメントチャンネル、女性チャンネルLaLa TVでは、オリジナルドラマ「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」シーズン2をこの秋、オンエアする。

ジェーン・スーの“逆”結婚指南書「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」(ポプラ社刊。 以下「わたプロ」)のドラマ版として「わたプロ」シーズン1が昨年放送。地上波ドラマに引けを取らない豪華な出演者×個性豊かなスタッフが大きな話題となり、原作本ファンのみならず“未婚のプロ&予備軍”の全女性たちの圧倒的な支持を獲得した。

このたび、シーズン2が、さらに豪華なキャスト&クリエーターを迎え、9月2日(水)夜11時より放送スタートする。

今シーズンは、NHKの連続テレビ小説出演経験者が多数集結!「ちりとてちん」('07-'08年)の貫地谷しほり、「純と愛」('12-'13年)の夏菜、「マッサン」('14-'15年)の小池栄子と酒井若菜のほか、釈由美子、菜々緒が、101通りのさまざまな恋愛模様の中で、“未婚のプロ“を演じる。

さらに、今シーズンは、男性主人公を迎えた“男性目線バージョン”も登場。城田優や中村倫也らを起用して、“プロポーズしない・できない“男性心理も描き出す。

「わたプロ」シーズン2の製作・放送発表にあたり、メーンキャスト陣より届いたコメントを紹介する!(キャスト名の後ろの■の後には、出演エピソードのスタッフ&キャストを記載)

■貫地谷しほり■脚本=狗飼恭子/監督=川村泰祐/共演=柄本佑、山崎裕太、松尾薫

私自身がぐうたらなので、(役に)共感したのは言うまでもありません。結婚できない理由の話なもので、怒らせてしまったりあきれられたり、はたまた傷付いてみたりの連続でしたが、撮影現場には幸せな空気しかありませんでした。

(共演の)俳優・柄本佑と現場に居たみんなのお陰で、一つの私の理想が見えたような気がします。皆さんの目にはどのように映りますか?

■小池栄子■脚本・監督=マギー/共演=濱田岳

心から信頼しているマギーさんの演出には、やはり発見と喜びがありました。さらに相手役は天才・濱田岳さん! 台本上だとだらしなくてムカつくダメ男が、岳さんが演じると、愛しくて許せる男になるんだから不思議ですよね(笑)。一緒にお芝居ができて楽しかったなぁ。

恋愛なんていうのは端から見たらどんなカップルだって滑稽なものかも。本人同士が幸せならいいんじゃないか?と思わせてくれ、恋がしたくなる作品になったと思います。どのカットも笑えて、ダサくて、胸がキュンとしますよ。

■酒井若菜■脚本=佐藤二朗/監督=石井聡一/共演=佐藤二朗

こんなにも豪華な布陣の中、なぜ、唯一の続編がつくられたのがわれわれの回なのか…。今回は、前回よりもさらにスピード感のある会話劇がお届けできるかと思います。

とても楽しいやりとりになっていますよ。第2シリーズは全体的にすさまじくパワーアップしています。皆さまにもたくさんのコラボをご覧いただき、その中からお気に入りの一作を見つけていただければ、と思います。

■釈由美子■脚本=新井友香/監督=大内隆弘/共演=長谷川朝晴、上地春奈

今回の作品は、久々にラブコメっぽい内容なので、せりふのテンポや空気感を意識しながら、テンションを上げて楽しく演じることができました。私も、なかなか結婚できない組なので(笑)、アラフォー独身女性の悲哀を等身大で演じながら、かなりリアルな内容に、胸の奥がひりひりしました。そんな切ない大人の恋を、笑いあり、涙ありでユーモラスに演じましたので、ぜひご覧ください!

■城田優■脚本=池田鉄洋/監督=本橋圭太/共演=芦名星、大島麻衣、瀬戸さおり

前回シリーズを見させていただいており、そのシリーズ第2弾の作品に出演できるということでうれしく思います。また今回、僕1人に対して3人の女性の登場人物がいるという豪華な作品で、大変光栄でした。

とにかく、池田(鉄洋)さんの素晴らしい本に、自分自身、芝居をしながら何度も笑ってしまいました。真面目に演じたらよいのか、ふざけたらよいのか、非常に難しいところで悩みました(笑)。あとは皆さまが本編を見て、チェックしてください!

■中村倫也■脚本=新井友香/監督=本橋圭太/共演=佐津川愛美、関めぐみ、中野裕太

平たく言えば、このドラマは、「結婚」を「失敗」し続ける女性達の生態を覗き見する作品だ、と認識していた。まさしくタイトル通りの印象である。

しかし脚本を読んでみたら、この回はどうやらそうじゃないらしい。主役の一人(かずひと)という男、演じていて非常に腹立たしかった(笑)。

でも、現代のリアルではこういう若者も多いんだろうなあと、妙に納得してしまう。至極日常的な男女のすれ違いに、思わずクスッと、かつグサッとくる。そんな骨太な脚本、そして魅力的で精力的なキャスト、スタッフに出会えたことに感謝。ぜひ、お楽しみに。

■夏菜■脚本=樋口七海/監督=本橋圭太/共演=桐山漣、小林涼子

今回の役はせりふも多くて正直2日間で撮るのはとても大変でした(笑)。ですが演じてみて、私自身とても共感できる部分が多い作品だったので今を生きる女性の皆さまに少しでも共感してもらえたらいいなと思います。「あー!分かる、それ~!」と、言いながらポテトチップスでも食べながら見ていただけたらうれしいです(笑)。この作品が皆さんの励みになりますように!

※菜々緒の出演エピソードは脚本・松田沙也、監督・川村泰祐、共演・白石隼也、荒木宏文。

「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」シーズン2
9月2日(水)スタート
毎週水曜夜11:00/毎週土曜・日曜夜11:00
女性チャンネルLaLa TVで放送
※放送は1話3エピソード収録、1話30分
原作=ジェーン・スー「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」(ポプラ社刊)
出演=貫地谷しほり、小池栄子、酒井若菜、釈由美子、城田優、中村倫也、夏菜、菜々緒 ほか(50音順)
脚本=新井友香、池田鉄洋、狗飼恭子、佐藤二朗、マギー、松田沙也 ほか
監督=石井聡一、大内隆弘、川村泰祐、樋口七海、マギー、本橋圭太 ほか

※Dlifeにて毎週木曜夜7時よりシーズン1が放送中