水川あさみドッキリ発言!?「恋していた」

2015/09/17 16:52 配信

映画

映画「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり」のアフレコ会見に出席した成宮寛貴(右)と水川あさみ(左)

映画「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり」のアフレコ会見に出席した成宮寛貴(右)と水川あさみ(左)

成宮寛貴水川あさみが日本語吹き替え版声優を務める映画「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり」のアフレコ会見が9月17日、都内で行われた。

同作品は感動のピーター・パン誕生秘話が、色鮮やかな映像美で描かれるファンタジー超大作。2人はピーター・パンが成長していく過程でキーパーソンとなる重要なキャラクターの声優を務める。

ピーターとかつて仲間だったという驚きの過去を持つ若き日の“フック船長”役の成宮は「本編のフック船長(ギャレット・ヘドランド)は僕より声が全然低い。すごくキザで、兄貴分でもあるので、その辺のバランスとか、声のボリュームも大きくしないといけないとか、いいところを見つけるのが難しかったです」と、アフレコの感想を語った。

また、カラフルでキュートなファッションに身を包み闘うプリンセス“タイガー・リリー”役の水川は、今回が初のアフレコだという。「初めてなので、何でも楽しんでやらせていただきました。予定より早く終わることができたんですけど、終わってみると『また一からやり直す?』みたいな感じになったり。もう、それはエンドレスですね。自分が納得できるところまでできているのか、すごく不安な気持ちになりながらやりました」とコメント。

また「お芝居とは全然違いますね。自分がお芝居をして声をあてるのは、自分の顔だったり、その時のお芝居の温度などを思い出すことができますが、まったく別のルーニー・マーラさんがお芝居しているのを映像で見て、温度を感じながら声をあてる。しかも、声だけで表現するっていうのは、すごく難しいなってあらためて思いました。けど、自分の声の幅を知ることができるというか、そういう勉強にもなりました」と振り返った。

成宮から声について「かわいかったですね。僕は水川さんの声が大好きで、僕は水川さんの声を聞きながら収録したんですけど、すごくやりやすかったです」と褒められると、水川は「うれしいです。こんなに褒められると思っていなかったので。良かったな」と恥ずかしそうに笑顔を見せ、「成宮君の声は伸びやかというか、ちゃんと乗るというか。フック船長はちょっと骨太な感じだけど、いい加減な部分もあったりするので、その両方を兼ね備えてるなぁと思いました」と成宮の声について感想を語った。

2人とも子供のころからピーター・パンが好きだったとのこと。成宮は「こうやって実写化されて、大人になっても楽しめる。いつの間にか泣かされて、子供のころの思い出を投影しながら、次に進んでいけるというか、不思議な気持ちになりましたね。ネバーランドってどういう所なんだろうって、全部理屈があるんです。大人になると、そういうつまらないところも見ちゃうけど、そういうところも満足させてくれて、夢があって、最後に泣けて、LOVEもあって、非常に大満足」と作品を絶賛。

水川は「子供のころからピーター・パンのことが本当に好きで、恋をしていたくらい好きだったんですけど…そういう変な人じゃないですよ(笑)。今回のお話と(昔に見た話が)つながっているようで、そうでない部分があったりとか。全然違う視点というか側面があるので、すごく圧倒されました。リリーの母性的な部分や、凛とした強さなんかは、特に女性に響く部分があるんじゃないかなと思うので、ぜひご覧になってください」と女性の来場を呼び掛けた。

映画「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり」
10月31日(土)より3D/2D 字幕版/日本語吹替版 全国ロードショー

監督=ジョー・ライト
脚本=ジェイソン・フックス
日本語吹替版主題歌=松田聖子「永遠のもっと果てまで」
出演=ヒュー・ジャックマン(黒ひげ)、ギャレット・ヘドランド(フック)、ルーニー・マーラ(タイガー・リリー)、リーヴァイ・ミラー(ピーターパン)
【HP】pan-movie.jp
配給=ワーナー・ブラザース映画

キーワード

関連人物