哀川翔がクマの編みぐるみ役に!「俺がクマか~」

2015/09/17 16:38 配信

ドラマ

土ドラ「テディ・ゴー!」に出演する森川葵(右)と哀川翔(左)。その隣は原作のカバービジュアルで、漫画家・浅野いにおが手掛けた

土ドラ「テディ・ゴー!」に出演する森川葵(右)と哀川翔(左)。その隣は原作のカバービジュアルで、漫画家・浅野いにおが手掛けた

フジテレビ系の土ドラ枠で10月10日(土)から「テディ・ゴー!」(夜11:40-0:05)の放送が決定。主人公・山瀬和子役を森川葵、クマの編みぐるみに魂を宿す刑事・天野康雄役を哀川翔が務めることとなった。

原作は加藤実秋の「アー・ユー・テディ?」(PHP文芸文庫)で、森川演じる和子は大学卒業後、就職できずフリーターになってしまい、さらに仕事や恋愛で落ち込んでいるところに母親から「生活費を納めなければ家を追い出す」と言い渡されてしまうという役どころ。

そんな中、購入したクマの編みぐるみが突然しゃべり始め、和子は編みぐるみに宿る天野が生前に残したへそくりを手に入れるため、天野が捜査中に殉職した事件の真相究明に乗り出すことになる。

また、天野の部下のイケメン刑事・冬野唯志役で平岡祐太が出演。主題歌はチームしゃちほこの「ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ」に決定した。

■森川葵コメント

以前この土ドラ枠の「She」('15年春)に出演させていただいて、私も(「She」のヒロイン・)松岡茉優さんみたいになれたらいいなと思っていたので、今回のドラマ主演が決まったときはすごくうれしかったです。台本を読んで、本当にこれを映像でできるのかなと正直思いましたが(笑)、良いテンポ感で演じられるように頑張りたいです。

先日、哀川さんと初めてお会いさせていただきましたが、気さくに話しかけてくださってとてもうれしかったです。明るく親しみやすい作品なので、楽しみながら一生懸命演じていきたいです。

■哀川翔コメント

ドラマ出演の話を聞いたときは、「俺がクマか~、クマいいな~」と思いました(笑)。この作品はちゃかしているようですごく真面目な部分もあるので、バカバカしいことに真面目に取り組んでいけば、面白いものができるんじゃないかと思います。

本人は死んでいるし、突然クマの声でしゃべり出して女の子に命乞いをするキャラクターなので、“男気”を出せるか分かりません(笑)。でも本人的には事件の犯人を捜すことに一生懸命で、刑事として生きてきた証しを確認したいんだと思います。果たして事件は解決するのか、楽しみにしてもらえればと思います。

「テディ・ゴー!」
10月10日(土)スタート
毎週土曜夜11:40-0:05
フジテレビ系で放送

関連人物