“ガラスの歌声”を持つ新人・焚吐がメジャーデビュー

2015/10/01 20:32 配信

音楽

満を持してメジャーデビューが決定した焚吐

満を持してメジャーデビューが決定した焚吐

有名大学の芸術学部に通う18歳の謎の新人アーティスト・焚吐(=たくと)が、12月2日(水)にシングル「オールカテゴライズ」でメジャーデビューすることが決定した。

同曲は、10月1日(木)よりTBS、CBCほかで放送が開始されるアニメ「ヤング ブラック・ジャック」のエンディングテーマにも起用されており、リリースに先立ち、10月7日(水)からTVサイズ音源の配信がスタートする。

焚吐は'97年2月20日生まれ、18歳の現役大学生。小学4年生でギターに目覚め、1年後には自身で作詞作曲をするようになったという。そして'12年にビーイング主催のオーディション「トレジャーハント~ビーイングオーディション2012~」に参加し、審査特別賞を受賞した“ガラスの歌声”の持ち主。

曲のストックは既に100曲に上るほどの実力派で、デビュー曲の「オールカテゴライズ」は焚吐自身が作詞作曲。編曲は“ボカロP”としてニコニコ動画やYouTubeなどの動画投稿サイトで絶大な人気を集めているNeruが手掛ける。

焚吐は同曲について、「他人のエゴや社会の倫理観など、全てをありのままに受け入れることは困難です。しかし、『それらをできる限り前向きに捉えることで、より自由に生きられるようになるのではないか』という思いを込めて作りました」と、自ら魅力を解説した。

そんな焚吐なるアーティストが、先日エンディングテーマに決定したというニュースが報じられると、ネットを中心に焚吐とは誰なのかという話題で持ちきりに。しかし、“焚吐”と検索してもほぼ何も情報が出てこず、その存在自体が大きなベールに包まれていた。

そして、満を持してメジャーデビューというニュースで、世間に存在をアピールした。未知の魅力がたっぷり詰まった焚吐が、音楽業界に風穴を開けるべく動きだす。

1stシングル「オールカテゴライズ」
12月2日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)1500円(税込)
【通常盤】(CDのみ)1000円(税込)
【HP】www.takuto-official.com