松坂桃李主演「日暮旅人」の仕上がりに原作者も脱帽!

2015/11/18 12:00 配信

ドラマ

「視覚探偵 日暮旅人」原作者の山口幸三郎氏

「視覚探偵 日暮旅人」原作者の山口幸三郎氏

11月20日(金)に放送される松坂桃李主演SPドラマ「金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『視覚探偵 日暮旅人』」(日本テレビ系)で、原作者の山口幸三郎氏が事前試写を鑑賞し、感想を語った。

同作は、累計45万部を突破している小説「探偵・日暮旅人シリーズ」(メディアワークス文庫刊)を、松坂、多部未華子、濱田岳、住田萌乃、北大路欣也らキャスト陣と、映像の魔術師・堤幸彦監督がタッグを組み、実写ドラマ化したもの。

どんな探し物でも見つけ出す主人公の“探し物探偵”日暮旅人(松坂)は、「五感」のうち、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を失い、残された視覚だけを頼りに調査をしている。

視覚のみが研ぎ澄まされているだけあって、その目には普通の人間には見えない「何か」が見える。そんな旅人を相棒の雪路(濱田)、保育園に通う娘の灯衣(住田)がサポートしていた。

保育士の陽子(多部)は灯衣を通じて旅人や雪路と知り合い、旅人に大事な無くし物を見つけてもらう。以来、陽子は3人が暮らす探偵事務所に出入りするようになり、旅人が事件を解決する様子を目の当たりに。一方、旅人もなぜか陽子が気になるのだが、陽子のために命綱である目を疲弊させてしまい、雪路をやきもきさせていた。

そんな中、灯衣が行方不明になってしまい、慌てて目を使おうとする旅人を、主治医の榎木(北大路)が「このままでは失明する」と止めるのだが…というストーリー。

試写を見た山口氏は「大変面白かったです! あっという間の2時間でした。堤幸彦監督の演出の素晴らしさについてはもはや語るまでもないでしょう。個性あふれるキャラクター同士のコミカルな掛け合いで笑いを誘い、そうかと思えばシリアスへと急降下させて不安を煽り、奇妙さと仄かな不気味さをやがて切なさへと昇華させ、そうして最後まで見終わったとき、全体に漂う独特の空気感がえも言われぬカタルシスを視聴者に与えるのです。

私の原作がこうも面白い映像作品に生まれ変わるとは。原作を知らない方はもちろん、知っている方でも大いに驚かされる仕掛けが満載です。ぜひ! 心して! ご覧いただきたい! あと! 灯衣ちゃんが! かわいい!」と、映像化された作品魅力を語った。

原作を見たことがある人も、映像ならではの良さが随所に見られる本作。本を読むだけでは“死角”となっている、視覚でしか味わえない小ネタや映像美を、そのまなざしで堪能してみては?

「金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『視覚探偵 日暮旅人』」
11月20日(金)夜9:00-10:54
日本テレビ系で放送

スピンオフコンテンツ「遺言」
11月19日(木)に1エピソード目
Huluにて配信予定