斎藤工の自撮りドキュメンタリー、構成は松江哲明!

2015/11/30 19:31 配信

芸能一般

斎藤工と森山未來、人気俳優2人のユルくて深い″ジドリ”映像がNHKでオンエア

斎藤工と森山未來、人気俳優2人のユルくて深い″ジドリ”映像がNHKでオンエア

NHKでは、出演者が自分で自分を撮影する自撮りドキュメンタリー「ジドリ」を12月5日(土)夜10時より放送する。

斎藤工森山未來…今回、小型カメラを渡したのは2人の人気俳優。2人にそれぞれ1カ月ほど自らにレンズを向けてもらった。

まるでTwitterやInstagramのような、日常の一コマを切り取った膨大なクリップをつなぎ合わせることで、彼ら自身でさえ気付かなかった、素顔を浮かび上がらせてゆく。被写体とカメラとの極めて近い距離感が生み出す、新鮮な映像体験が楽しめる。

■「斎藤工×ジドリ ~映画を抱く~」

セクシーなイケメン俳優として、女性から圧倒的人気を集める斎藤工。1月クールのドラマでは主演ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(日本テレビ系)がスタンバイしている。ところが、その日々は華やかさとは無縁の地味なものだった。

多忙を極める俳優業の合間に向き合うのは、映画。実は斎藤は雑誌「映画秘宝」(洋泉社)において、映画評を8年にわたって連載する映画通の顔を持つ。

古今東西のマイナー映画からハリウッド大作まで、斎藤は月に30本の映画を見るという。彼は映画のどこを見て、何を感じているのか?

さらに沖縄の離島や台湾への一人旅など、プライベートも記録。寸暇を惜しんで映画と向き合う斎藤工の素顔を、自撮りのカメラが至近距離で捉える。

なお「斎藤工編」の構成を手掛けるのは、ドキュメンタリー監督の松江哲明氏。ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」('15年テレビ東京系)や映画「フラッシュバックメモリーズ 3D」('12年)で知られる松江氏が、NHKで本格的な番組制作に携わるのは今回が初めて。2人の化学反応も興味深いところだ

■「森山未來×ジドリ ~田舎で踊る~」

舞台や映画に引っ張りだこの森山未來は、知る人ぞ知るダンサーでもある。昨年は単身イスラエルに渡り、現地のダンスカンパニーで1年の経験を積んだ。帰国後日本で取り組んだのは、田舎に住み込んで舞台の創作活動をするという新しい試み。

森山は、愛媛・内子町の古びた芝居小屋を拠点に、地域の人を巻き込み、土地に根ざした文化や伝統を取り込みながら、自分の作品を創ることに没頭した。1カ月にわたる田舎での日々を、森山の独特な視点で描く。

「ジドリ」
12月05日(土)夜10:00-10:59
NHK総合で放送

関連人物