「オトナ女子」篠原涼子&江口洋介がクランクアップ

2015/12/17 10:00 配信

ドラマ

「オトナ女子」(フジ系)で、最後に撮影を終えた篠原涼子と江口洋介

「オトナ女子」(フジ系)で、最後に撮影を終えた篠原涼子と江口洋介

12月17日(木)に最終回を迎える篠原涼子主演ドラマ「オトナ女子」(フジテレビ系)で、クランクアップの模様が届いた。

同作は、いくつになっても“女子”であることを諦めない40歳の独身女性・中原亜紀(篠原涼子)、大崎萠子(吉瀬美智子)、坂田みどり(鈴木砂羽)の3人が、脚本家の高山文夫(江口洋介)や社長の栗田純一(谷原章介)といったダメ男に振り回されながら、幸せをつかむために奮闘していく物語。

“オトナ”ならでは恋愛模様が描かれ、最終回でのそれぞれの恋の行方や人生の選択にも注目が集まる。

先週末の撮影最終日には、高山(江口)が、自分のことを題材にして小説を書いていたと知りショックを受けた亜紀(篠原)の元を、高山が訪れるシーンを撮影した。

揺れ動く微妙な心を描く重要なシーンで、篠原と江口の息の合った会話劇で大団円を迎えた。

今作を振り返り、篠原は「連続ドラマに出演させていただくといつも思うのですが、今回は特に勉強をさせていただくことが多くて、とてもよい経験をさせていただきました。撮影現場の空気がとてもよくて、いつも笑顔でいさせてくださることが多かったです。みなさんのおかげで、心温まるよい作品になったと思います。ありがとうございました!」と笑顔で語った。

「オトナ女子」
毎週木曜夜10:00-10:54
フジテレビ系で放送
※最終回は12月17日(木)