【フレッシュフェイス1】志尊淳 前編

2015/12/23 08:00 配信

TV番組

'15年に活躍したU-23の若手俳優6人にインタビューする年末年始特別企画「フレッシュフェイス」第1弾は、志尊淳を直撃!

'15年に活躍したU-23の若手俳優6人にインタビューする年末年始特別企画「フレッシュフェイス」第1弾は、志尊淳を直撃!

Smartザテレビジョン編集部の選出により、'15年に活躍したU-23の若手俳優6人にインタビューする年末年始特別企画「フレッシュフェイス」。

第1弾の今回は、「烈車戦隊トッキュウジャー」('14年2月-'15年2月、テレビ朝日系)において、主演のライトでお茶の間の“ヒーロー”となり、7月期連続ドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系)や映画「先輩と彼女」('15年)に出演するなど、世代を越え反響を呼んだ“20歳の好青年”志尊淳を直撃!

前編では、ことし出演した作品への思いを語ってもらった。

――大活躍の1年でしたが、'15年を振り返って率直な感想を教えてください。

いろいろな作品に関わらせていただき、たくさんのスタッフさん・視聴者の皆さんと出会うことができた1年でした。街でさまざまな年代の方から声を掛けていただき、自分を見てもらっているんだな、と感じましたね。

また、芸能界の方にも僕が出演していた作品を「見たよ!」と声を掛けていただくことも多かったので「自分が見られているんだ」という意識が高まりましたね。

――「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE」が公開され、'15年のスタートを切りましたね。

「-トッキュウジャー」の共演者とは、頻繁に連絡を取ったりはしないものの、こうやって集まる機会があるとあの頃を思い出します。もちろん気を遣わずに過ごせる関係ですし、同じ役者としてとても支えになる存在です。

――4月からは「エイエイGO!」(Eテレ)のレギュラーが始まりました。(インタビュー中も)密着されていますが、英語を生かすお仕事はいかがでしょうか?

お仕事で英語を学ばせてもらえる機会はなかなかないと思いますし、普段の生活で自分がいかに英語から離れてしまっていたということも感じました。こういった環境があるからこそ、なるべく話そうと思うようになりましたね。来年も今まで以上に英語に触れていこうと思います。

――そして7月には「表参道高校合唱部!」に出演されました。個人の意見で恐縮ですが、毎週感動していました。

本当にステキな作品だったなぁと感じていて、今でもたまに朝準備をしている時にドラマを流しています! それを見て「懐かしいなぁ」と思うんです(笑)。やっぱり同年代の役者の方と3カ月かけて同じ作品を作り上げ、切磋琢磨(せっさたくま)しつつ、チームワークを高めていくということは、みんなの作品に懸ける思いが強かったからできたんだなとあらためて感じました。

(インタビュー前日も)ご飯へ行ったりと、公私ともに本当に仲良くなったんです。だから僕にとって「表参道高校合唱部!」という作品は、かけがえのないものになりました。ぜひ、続きをやりたいです!

――視聴者からも「続編を期待しています!」という期待の声が多いですよね。

反響が大きかったことはすごくうれしいですし、さまざまな所で評価していただけた作品でした。放送している期間は、町を歩いていても声を掛けていただく機会が多くて「すごいなぁ」と思ってしまいました。先日も、買い物中に店員さんから「表参道高校の人ですよね?」って声を掛けていただけて。作品の名前で話していただけることは本当にうれしいことです。

――9月には「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(フジテレビ系)にも出られましたね。人気アニメが原作でしたが反響はいかがでしたか?

同年代の役者の方は、みんな“ゆきあつ(松雪集)役”がやりたかったみたいで、いろいろな人に「ふざけるな!」と言われました(笑)。もちろんその人たちの思いも背負いながらも、僕が作り上げたゆきあつを「良かったね」と言ってもらいたいですし、それに「良い作品を作り上げたい」という思いが強くあったので一生懸命に演じることを意識しました。

――「あの花」の共演者とも交流が多いとお伺いしました。

高畑(裕太)や(村上)虹郎とも頻繁にご飯に行きます。ことしは同時期に同年代の役者の方と群像劇をやらせていただけたことは、すごくいい経験になりました。2つの作品とも異なる要素を持っていたので、学べることも多かったです。

――2つの作品に出られた志尊さんの演技に泣かされた方も多かったかと思います。

僕自身も20年間生きてきた中で、一番泣いた夏でした。芝居ですが、「ここまで泣くのか!」と思うほど良い経験になりました。

――映画「先輩と彼女」が公開された時期もこの作品と重なりましたね。

この作品は、僕にとって初の全国ロードショーされた映画作品です。自分のお芝居を見直す機会にもなりましたし、何より少女漫画が原作というところで、誰もが羨望(せんぼう)のまなざしで見ている作品の世界観を壊さずに作り上げなければいけないプレッシャーがありましたね。

でも、(周りの反響を聞くと)ミニシアターランキングで1位を頂けたと聞き、うれしい限りですね。

――そんな中、劇中で志尊さんが披露された“アゴクイ”がことしの流行語大賞にノミネートされましたね。

最初はノミネートされたことを知らなくて、他の人からそれを聞いて「そうなんだぁ」と思っていたんです。そしたら、翌朝から情報番組の「アゴクイ特集」で僕のアゴクイからのキスシーンが流れていたんですよ! 恥ずかしい気持ちもありましたが、その後のお仕事でも「やってください」とお願いされる機会も増えたので、こんな僕のアゴクイでよければ今のうちにたくさんやっておこうかなと思っています(笑)。

――そして10月クールでは「5→9(5時から9時まで)〜私に恋したお坊さん〜」(フジテレビ系)での丸刈り姿に大変驚かされました! かなり思い切りましたね。

実はいろんな人に「カツラでしょ?」と言われてしまうんですけど、これは本当に丸刈り頭にしたんです!

――(笑)。実際に自分の姿を見ていかがでしょうか?

正直、不安もあったんですけど、今は大丈夫かなぁと思えるようになりました。あと、たくさんの方が「頭の形が奇麗!」と言いながら、僕の頭を触ってくるんです。先日もトッキュウジャーのスタッフさんに会う機会があったのですが、あいさつをするまで帽子を被っていたせいか「皆さんお久しぶりです。志尊淳です!」って言いながら帽子を脱ぐと「うおー」って、歓声が上がって(笑)。帽子を脱いだだけなのに。その後も「ご利益があるからぁ」と何度も頭をなでられたりと、良い話題作りになれたのかなって思っています。

【フレッシュフェイス2】志尊淳 後編に続く!

■PROFILE
氏名:志尊淳(しそん・じゅん)
生年月日:1995年3月5日生まれ
出身地:東京都
'16年1月23日(土)公開の「手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド」に出演

関連画像

'15年に活躍したU-23の若手俳優6人にインタビューする年末年始特別企画「フレッシュフェイス」第1弾は、志尊淳を直撃! 【写真を見る】「表参道高校合唱部!」(TBS系)をはじめ、ドラマ、映画と大躍進中の志尊にことしの活動を振り返ってもらった 流行語大賞にもノミネートされた“アゴクイ”について「こんな僕のアゴクイでよければ!」と恥ずかしそうに答える 「(丸刈り姿を見た人から)カツラでしょ? と言われてしまうんですけど、本当に丸刈り頭にしたんです」とアピール!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース

# # # # # # # # #