「科捜研の女」に“スペシャリスト”草なぎ剛が登場!

2015/12/25 09:00 配信

ドラマ

1月14日(木)放送「科捜研の女」(テレビ朝日系)で科学捜査のプロフェッショナル・マリコと犯罪心理のスペシャリスト・宅間が共演

1月14日(木)放送「科捜研の女」(テレビ朝日系)で科学捜査のプロフェッショナル・マリコと犯罪心理のスペシャリスト・宅間が共演

'16年1月14日(木)にテレビ朝日系で放送される「科捜研の女」に、同日よりスタートするドラマ「スペシャリスト」で主演を務める草なぎ剛が出演することが分かった。

沢口靖子演じる法医研究員・榊マリコが所属する京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)に、元受刑者の刑事・宅間善人(草なぎ)が現れる。初共演となる2人は、がっちりと握手をし、エールの交換を行った。

今回のコラボは、テレビ朝日の木曜夜を彩る2つのドラマが、作品を超えてエールを送り合うべく実現したもの。「スペシャリスト」は連続ドラマ化に伴い、舞台を東京へと移すが、「土曜ワイド劇場」特別企画として放送された過去4作品で、宅間は京都府警の特別捜査係に所属。

同じく京都が舞台で放送16周年を迎える「科捜研の女」は、いわば“京都府警の大先輩”。そして、長い歴史の中で、ほかの作品とコラボレーションするのは初となる。

1月14日(木)の「科捜研の女」第8話では、京都市内で発生した宝石店の強盗殺人事件で、解剖医・風丘早月(若村麻由美)の娘・亜矢(染野有来)の親友の父親に容疑が掛かる。そんな中、科捜研に間違って届いた荷物をヒントに、マリコが真相に迫っていくというストーリー。その荷物の送り主が、宅間善人である。

科捜研のセットを初訪問した草なぎは、人気長寿ドラマの歴史と撮影の雰囲気に圧倒された様子。宅間が「科捜研に、すごい女性研究員がいるって聞いていました」と話すと、マリコが「これからも事件で協力することがあったら何でも言ってくださいね」と応じるシーンを撮影。

いつになく緊張した様子の草なぎは、思わずNGを出してしまう場面も! それでも、リラックスした表情を見せ、去り際には宅間らしい小粋なアドリブも。

沢口は「きょうは草なぎさんからすごく気さくに話し掛けていただいて、こんな一面もあるんだと、新たな発見がありました。草なぎさんの持つ空気感がそうさせているのだと思うのですが、新レギュラーを迎えたかのような気持ちになりました」と語った。

そして「なかなかこのように番組を超えてのコラボというのはありませんので、貴重な経験になりました。草なぎさん、1月からは木曜9時の『スペシャリスト』で視聴者の皆さんを引き付けてください! 8時の『科捜研の女』も頑張ります!」とエールを送った。

一方草なぎは、「僕が何回もNGを出してしまったのですが、それによってかえって親近感が湧いたかな、と勝手に思っています(笑)。『科捜研の女』と『スペシャリスト』は脚本家の方が同じなので、今後もこのようなコラボレーションができたらいいですよね! 協力し合って事件を解決するような話を作ってもらえたらいいな(笑)」と期待を込めた。

さらに、「木曜日は『科捜研の女』と『スペシャリスト』をワンセットにして見てもらえると、きっとドキドキワクワクする時間を過ごしていただけると思います!」とアピールし、「冬の京都の撮影は寒いですが、体に気を付けて頑張ってください!」と沢口を気遣った。

「科捜研の女」
毎週木曜夜8:00-8:54
テレビ朝日系で放送
※草なぎ剛がゲスト出演するのは'16年1月14日(木)OAの第8話

「スペシャリスト」
'16年1月14日(木)スタート
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース