“東京に慣れていない”ビタスイが東京でライブ!

2016/01/01 20:15 配信

Bitter & Sweetがライブツアー「Bitter & Sweet 3rd SHOWCASE」の東京公演を開催

Bitter & Sweetがライブツアー「Bitter & Sweet 3rd SHOWCASE」の東京公演を開催

田崎あさひと長谷川萌美によるガールズボーカルユニット・Bitter & Sweetが、ライブツアー「Bitter & Sweet 3rd SHOWCASE」の東京公演を渋谷・GARRET udagawaで開催。特別ゲストとして事務所の先輩、エリック・フカサキも登場し、3人でセッションを繰り広げた。

名古屋、大阪、田崎の地元・長崎、そしてクリスマスイブの東京公演に続いて行われたこの日のライブは、'15年に2人がライブで最も多く歌ったという3rdシングル「恋愛 WARS」で元気にスタート。その後も1stシングルからの「インストール」や「Rolling Days」などアップテンポのライブ“鉄板”曲で畳み掛け、序盤から場内は早くもヒートアップした。

田崎はソロ時代からの人気曲「Rolling Days」を、12月23日に発売されたばかりのミニアルバム『#ビタスイ』に収録されている新バージョンで歌唱。歌いながらジャンプして、さらにクルクル回転するなど2人は弾けまくる。この日は新アルバムからの新曲がたっぷり歌われ、長谷川は「1曲1曲がキラキラしていて、光のプリズムのようなアルバムになっているので、ぜひ聞いてください!」とPRした。

田崎が長崎出身、長谷川が新潟出身で、牧歌的なキャラクターが特徴の2人。MCで「まだ東京の地下鉄で迷子になってしまう、長谷川萌美です」とあいさつすると、田崎も「東京に来て慣れないことは、朝の通勤ラッシュです」と話し、そんな2人をファンはほほ笑ましく見守っていた。

5月からのツアー「1st SHOWCASE」以来、彼女たちのライブで恒例となった“iPadアプリを使ったパフォーマンス”をこの日も実施。これは、それぞれのiPadに2人の声によるコーラスやベース音などを多重録音し、それをバックに歌うというパフォーマンス。今回は同じ(声による)オケをバックに、全くタイプの違う2曲を田崎と長谷川がそれぞれ歌った。

続いて、この日の特別ゲストとしてエリック・フカサキがステージに。直前までのiPadパフォーマンスに興味津々のエリックは、「ボイスパーカッションも入れればいいのに」と2人にボイパの方法をアドバイス。2人は大はしゃぎしながら学んでいた。

エリックがソロで尾崎豊「I LOVE YOU」のカバーをしっとりと聞かせた後は、エリックの「Ai Yai Yai!」を3人でセッション。ラテンのノリの、ハッピーな空気感いっぱいのセッションで場内を大いに湧かせた。

ニューアルバムからの「DREAM GIRL」で元気いっぱいに本編を終えると、場内にはアンコールの声が響き渡る。それに応えて、黒のツアーTシャツを着た2人がステージに再登場。ニューアルバム収録曲「バイバイメトロ」で、普段はステージでは踊らない2人が自分たちで考えたという振り付けを披露した。

MCでは、アルバム発売とツアー決定を伝えられてからこの日までを振り返った2人。長谷川は「『ツアーをやるよ』と知らされてから、まだ数日しかたってない気がする。充実してたからか時間が短く感じました」と感慨深そうに語る。そして、「アルバムのレコーディングは、わずか1カ月で7曲収録しました。1曲1曲一生懸命向き合いましたので、ぜひ聞いてください」と2人はあらためてアピールした。

当初はこの日がツアーファイナルとのことだったが、最後に長谷川が「この『3rd SHOWCASE』まだ終わりません!」と叫ぶと場内からは大歓声。「まだ新潟が残っております!」と、長谷川の地元・新潟でのライブが3月に開催されることを発表しファンを喜ばせた。そして、ラストはファンへの感謝の気持ちを込めてバラード曲「恋心」を弾き語りで聞かせ、しっとりと幕を下ろした。

1stミニアルバム『#ビタスイ』
発売中 1852円(税別)

「ラベビタEXライブツアー2016春」
3月5日(土)横浜F.A.D(神奈川)
3月26日(土)西川口Hearts(埼玉)
4月2日(土)渋谷CYCLONE(東京)
4月9日(土)LIVE SQURE 2nd LINE(大阪)
出演:LoVendoЯ(岡田万里奈、魚住有希、宮澤茉凜)、Bitter & Sweet

■公式HP
【HP】bittersweet-official.com/

関連人物