MUSIC FAIR司会の杏樹・恵が卒業を発表

2016/02/20 14:23 配信

「MUSIC FAIR」2600回記念コンサートに出演した全14アーティスト総勢43名

「MUSIC FAIR」2600回記念コンサートに出演した全14アーティスト総勢43名

フジテレビ系の音楽番組「MUSIC FAIR」(毎週土曜夜6:00-6:30)がことし放送2600回を迎え、2月19日に東京国際フォーラムで「2600回記念コンサート」が開催された。

コンサートには森山良子谷村新司さだまさし鈴木雅之ゴスペラーズゆず、AI、水樹奈々JUJU、秦 基博、三代目J SoulBrothers、E-girls、クリス・ハート、ゲストミュージシャンとして宮本笑里が加わり、全14アーティスト総勢43名が出演した。

AIは「Story」をJUJUと歌い上げたり、ゆずの「栄光の架橋」では出演陣全員での合唱があったりと、この日限りのアーティスト同士のコラボレーションなどが織り込まれながら2時間半で21曲が披露された。

トークコーナーではゲストが「私の作った名言」を発表。三代目J SoulBrothersのNAOTOは星空を見上げながら言った小林直己のロマンチックな発言を発表するなど、盛り上がりを見せた。

また、コンサートが終盤を迎えると、番組司会の鈴木杏樹恵俊彰から、3月いっぱいをもって番組を卒業することが発表された。

'64年からスタートし、ことし2月13日の放送で2600回を迎えた同番組。突然の発表に会場はどよめき、6代目として古手川祐子よりバトンを引き継ぎ、'95年から司会に就任した鈴木は「この番組は素晴らしいアーティストの皆さまや音楽と出会わせてくれました。これは私が鈴木杏樹である前に一人の人間としての宝物だと思っています」と涙ぐみながら語った。

15年間鈴木と共に司会を務めた恵は「15年あっという間でした。これからも『MUSIC FAIR』は永遠だと思います」と感謝を込めて語った。

コンサートに出演した谷村は「素晴らしい音楽を支えてくれて、愛してくれて、本当にありがとうございました」と2人をねぎらい、アンコールでは、ゆずやAI、森山ら出演者が2人に花束を手渡し、番組のテーマ曲を歌い、幕を閉じた。

同コンサートの模様は3月5日(土)、12日(土)、19日(土)、26日(土)と4週にかけて放送。後任の司会者は、後日発表される。

■2600回回記念コンサート出演者のコメント

森山良子:時代を超え歌から歌へ、人から人へバトンタッチされて来たこの番組は、世界でも例のない唯一無二の存在です。末永く日本の音楽を発信し続けてください。

ゆず:僕たちは'09年の初出演以降、自分たちの楽曲はもちろん、さまざまな楽曲を尊敬するアーティストの皆さんと共に演奏させていただきました。3000回目指して、これからもよろしくお願いします。

三代目 J SoulBrothers:この度は2600回という記念すべきコンサートに呼んでいただき光栄に思います。「MUSIC FAIR」ではさだまさしさん、徳永英明さんなどとご一緒させていただいた思い出がたくさんあります。50年を越える偉大な番組でパフォーマンスさせていただけること、ご来場いただいている皆さまへ精いっぱい僕たちのパフォーマンスをお届けしたいと思います。

「MUSIC FAIR」
毎週土曜夜6:00-6:30
フジテレビ系で放送

キーワード

関連人物