「黒い樹海」小池栄子『北川景子ちゃんに胸キュン』

2016/03/09 07:00 配信

ドラマ

松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第二夜「黒い樹海」に出演する小池栄子

松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第二夜「黒い樹海」に出演する小池栄子

3月13日(日)に放送される「松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第二夜『黒い樹海』」(テレビ朝日系)で、主人公・祥子(北川景子)の姉・信子を演じる小池栄子にインタビューを実施。“妹”北川の印象や現場でのエピソード、今後の目標などを語ってもらった。

――作品に参加された感想を教えてください。

出演者の方が豪華ですし、何より景子ちゃんと初共演だったのでうれしかったです。いつか一緒にやってみたいと思っていた女優さんで、しかも今回は姉妹役。申し訳ないなと思いながら(笑)、景子ちゃんと一緒にやれたのがうれしかったです。

――「申し訳ない」というのは?

顔の大きさが全然違うので(笑)。一緒にいたら女子でもちょっと胸キュンするなあと思いました。アドリブで腕をギュッて組まれたとき「超かわいい~!」ってドキドキしていましたから(笑)。あれはひそかにうれしかったです。

――メーンキャストの一人・沢村一樹さんの印象はどうですか?

演技の幅が広く、柔軟性のある役者さんだと思いました。くだけた演技も、シリアスも、コントもやられるので。前々から役者さんとして生きる道が好きな人でした。今回、久しぶりにお会いして「おじさんになったなあ~…」と思いましたけど(笑)。丸くなられたというか。でも、共演できてうれしかったです。

――ちなみに沢村さんの代名詞“下ネタ”は今回もさく裂しましたか?

今回はロケ地が寒かったのでそんなことを言う余裕もなかったのか、全くありませんでした(笑)。みんな体力を温存するのに必死でしたから。

――長野で撮影されたとのことですが、長野ロケはいかがでしたか?

ロケーションは、ダムの近くということもあって圧巻でしたし、温泉がある宿に泊まれたのですが、長野らしい食べ物は全然味わえませんでした。でも、大変な状況の中で、エキストラさんもいる中、みんな暖を取りながらやっていましたけど、なんて手際のいいスタッフワークなんだろうと。

あらためてすごくいいチームだなあと、長野ロケで思いました。監督とカメラマンさんのコンビネーションも素晴らしいですし、私は死ぬ役なので冷たい床に横になっていたから、寒いだろうとケアをしてくださって。横になりながら、スタッフさんの動きが早いなあとぼんやり見ていました(笑)。

――信子のキャラクターについてはどう思われましたか?

まず、自分の姉に置き換えて役作りをしました。長女の苦労は私には分かりませんが、たまにお酒を飲みながら出てくる「実は長女はこんなにつらい目に遭っていた」という話で、姉の言うことと信子像が重なっていたのでそれを参考に。穏やかに祥子を見守る優しい姉の顔があったり、沸々と燃える青い炎のような感情を秘めていたり。

妹にも見せない顔があるのですが、人間誰しも表向きの顔とは別の顔があるものですから。あまり描かれてはいませんが、死ぬ間際、言葉にならない言葉をしゃべったというのも、信子の強さを感じるものでした。ですので、強いお姉さんを演じたいと思っていました。

――ドラマでの小池さんと「爆笑問題の検索ちゃん」などのバラエティーでの小池さん。場の立ち居振る舞いという意味で、場面によって変えていらっしゃいますか?

「検索ちゃん」のように素の自分の言葉でしゃべるのと、せりふがあってしゃべるのは全然違います。ただ、そのときのリズムがあって、演技をしている期間が長いと、年に一度の「検索ちゃん」は緊張して何をしゃべっていいか分からなくなりますね(笑)。

反対にバラエティーを中心にやっていたときはドラマの方が緊張していました。演じるからとかバラエティーだからという区分けで変わるわけではなくて、そのときのリズム次第ですね。どっちの自分が本来の自分らしいのか。ドラマが多かったらそっちでいる方が自分らしいでしょうし、あまりどちらがどうかというのは考えないようにしています。流れるように仕事をしていることが多いので、現場でそこにいるときの自分が正解なんだと思います。

――お忙しい小池さんですが、お気に入りのリフレッシュ方法は何でしょう?

最近移動が多かったこともあって本を読んだり、iPadで映画を見たりしてリフレッシュしています。今さらですが「ロッキー」シリーズにハマっちゃいました!「クリード チャンプを継ぐ男」という映画を主人と見に行って感動してしまって。でも、「ロッキー」って私は見た事がないなと思って、ロッキーを最初から見直して、その後で「クリード」を見に行った方がいいんじゃないかと。松本に行く前、行った後、お風呂に入るときも、1から6まで見直しました。それで私の人生のベスト映画トップ3に入るくらい感動しました。

――では、マイブームを挙げるとしたら何になりますか?

昨年末、久しぶりに格闘技番組に出演させてもらい、離れていたけどやはり私は格闘技が好きなんだなと、格闘技全般を見直したいと思いました。格闘技を見ていると勇気がもらえますし、格闘技は勝ち負けがはっきりしていて分かりやすいので。

――フィールドの話もありましたが、今後の目標を教えてください。

舞台が好きなので舞台をやりたいです。今までは1年に1本やれたらくらいに思っていましたが、体力的には大変だけど舞台が一番楽しいなと感じるようになりました。お客さんに生で見てもらうという高揚感と緊張感がありますし、そこでしか味わえないものなので。今後も舞台を中心にしてやっていきたいと思っています。

――やはりテレビや映画とは違うものですか?

芝居をするという点は一緒ですが、観客とライブで一緒に作品を作るという感覚で、バラエティーもそうですが、それはドラマや映画の現場では味わえないものです。それに規則正しいですし(笑)。押したり巻いたりしないで、決まった時間に帰れるうれしさもあります。

毎回一発勝負で、テーク数を重ねられない。私の場合、普段からお付き合いしている女優さんも舞台女優さんが多いので、その方々と共演したいということも大きいです。

――では、最後に「黒い樹海」の見どころを教えください。

姉としての“包容力”を意識して演じたので、そこがにじみ出ていたらいいなと思います。普段の自分とはまたちょっと違うところ。数シーンしかないですが、ポイントとしてそこを軸に進んでいると思うので、薄まらないように、ちょっとずつ入れたつもりです。重厚なサスペンスの結末だけでなく、家族愛と姉妹愛にも注目してご覧ください。

「松本清張二夜連続ドラマスペシャル 第二夜『黒い樹海』」
3月13日(日)夜9:00-11:10
テレビ朝日系で放送

衣装協力=ALANRED
ヘアメーク=富田晶(MARVEE)
スタイリスト=西ゆり子(C.コーポレーション)、吉田由紀(C.コーポレーション)

関連人物