上川隆也が再び草なぎ剛の前に立ちはだかる!

2016/03/10 06:00 配信

ジャニーズ

上川隆也演じる犯罪脚本家・佐神が再び登場!

上川隆也演じる犯罪脚本家・佐神が再び登場!

毎週木曜に放送中のSMAP・草なぎ剛が主演を務めるドラマ「スペシャリスト」(テレビ朝日系)。3月10日(木)の第9話では、“犯罪脚本家”佐神稚洋(上川隆也)が再び登場する。

ストーリーは、殺人を犯したのに罪に問われなかった8人の男女が、“最後の一人”になるまで互いに殺しあう「殺人トーナメント」なる裏サイトが存在。宅間(草なぎ)ら総合事犯対応係(仮称)のメンバーたちは、トーナメントの頂点に君臨する“クイーン”なる人物がいることを突き止めた。

その裏サイトのアナグラムが指す“クイーン”とは、宅間の元妻・美也子(紺野まひる)だった。その矢先、美也子が滞在中のホテルで何者かに有機系の毒を盛られてしまう。

宅間はこの事件と殺人トーナメントの背後に“犯罪脚本家”こと佐神の存在を察知。一連の出来事が自分に向けた挑戦で、トーナメントは最初から自分を狙ったものだったのではないかと考える。

しかし、なぜそれが途中でターゲットが変わり、美也子が狙われたのか。その謎を解くために、千波(南果歩)らの力を借りて、佐神の行方を追い始める。

殺人トーナメントを勝ち抜いた安西桂子(井上和香)から、トーナメントに参加した経緯を聞き出した千波は、あらためて佐神の恐ろしさを実感。唯子(芦名星)らも、ボーイに扮(ふん)した男性が美也子の部屋に侵入する場面を防犯カメラで確認し、美也子に接触していたのは佐神だったのか、解明を急ぐ。

一方、殺人トーナメントについて洗い直し始めた宅間と真里亜(夏菜)は、最初の殺人の第一発見者である交番の巡査・岸田(神谷まこと)の元を訪れるが、既に岸田は何者かに毒殺され、ホルスターからは拳銃が奪われていたことが分かる。

野次馬の中に不審な男を見つけた宅間は、その男の後を追跡。踏切まで追い詰めたその時、宅間らの方を振り向いたその顔は、死んだはずの“あの男”だった。

さらに、佐神から宅間宛てに、ある展覧会の招待状が届く。「これは俺と『我々』の闘いだから」と千波の介入を許さず、宅間は一人、佐神と対峙(たいじ)するために動き出す。

いよいよ、宅間と佐神、そして“我々”という「スペシャリスト」のファイナリストたちによる戦いが始まり、最終話のエンドロールが流れるまで1分、いや1秒たりとも目の離せない展開になりそうだ。

「スペシャリスト」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送
※最終話は3月17日(木)

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース