「MステSP」で春うた満開!AKBレジェンドも再び

2016/03/25 18:00 配信

「ミュージックステーション」のMCを務めるタモリ、弘中綾香アナ(写真左から)

「ミュージックステーション」のMCを務めるタモリ、弘中綾香アナ(写真左から)

3月25日(金)に放送される「ミュージックステーション 春の3時間スペシャル」(テレビ朝日系)は、春の名曲だけを集めた豪華アーティストによるスタジオライブと、春に聴きたい曲ランキングの2本立て。

スタジオライブでは、番組で10年ぶりにケツメイシが名曲「さくら」を、藤巻亮太は7年ぶりに「3月9日」を、いきものがかりは5年半ぶりに「SAKURA」を披露するなど、今ではテレビでなかなか聴くことができない春の名曲をパフォーマンス。

浜崎あゆみが15年ぶりに初期の名曲「A Song for ××」を歌唱したり、Kiroroは15年ぶりの登場で卒業ソング「Best Friend」を歌い上げたりと、貴重なライブパフォーマンスが次々と繰り広げられる。

その他、三代目J Soul Brothers、BEGIN桐谷健太Kis-My-Ft2に、田口淳之介の卒業を間近に控えたKAT-TUNが4人でのラストステージに臨む。

VTR企画「春に聴きたい桜&卒業ソングランキング!」では、番組が誇る膨大なアーカイブを駆使して、貴重な映像と共に発表。定番の桜ソングから最新の卒業ソングまで、さまざまなジャンルの最強の春うたを一挙発表する。

そして、10周年記念シングル「君はメロディー」を含む3曲メドレーを披露するAKB48は、卒業した前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、秋元才加河西智美川栄李奈というレジェンドメンバーが再集結。

前田、大島、篠田、板野の4人は最新曲「君はメロディー」のプロモーションビデオから出演しており、3月11日の「Mステ」でも、テレビ初の現役メンバーとのコラボパフォーマンスを披露したが、秋元、河西、川栄の3人はプロモーションビデオへの出演はなく、今回が初めてのパフォーマンス参加となる。

別れと出会いの季節に、AKB48を国民的アイドルグループへと昇華させた卒業メンバーと、そのバトンを受け継ぎエンターテインメント界のトップを走り続ける現役メンバーによる、一夜限りのスペシャルコラボは絶対に見逃せない。

また、ことし30周年を迎える番組のオープニングテーマ曲が24年ぶりにリ・レコーディングされ、今回の放送で初オンエアとなることも発表された。

B'zの松本孝弘が作曲した楽曲「#1090 ~Thousand Dreams~」は、'92年1月10日の放送回から24年間にわたって「Mステ」オープニングテーマとして使用されてきた。その耳に残る印象的なギターの音色とフレーズは、多くのアーティストや視聴者に親しまれ、今では“Mステの代名詞”とも言える存在となっている。

今回、「ミュージックステーション」放送30周年という節目に当たり、新バージョンの制作をオファーされ、快諾した松本が再録。楽曲タイトルは「#1090 ~Thousand Dreams~」から、その名も「#1090 ~Million Dreams~」とリニューアルされ、新たな命を吹き込まれたフレーズが、「ミュージックステーション 春の3時間SP」で初オンエアされる。

年末のスーパーライブにも負けず劣らず見どころ盛りだくさんの今回の「Mステ」スペシャル。春の気配を感じさせたと思ったら再び寒気が押し寄せるなど不安定な気候の日本列島に、“音楽の桜”が満開に咲き誇りそうだ。

「ミュージックステーション 春の3時間スペシャル」
3月25日(金)夜7:00-9:48
テレビ朝日系で放送

「ミュージックステーション」
毎週金曜夜8:00-8:54
テレビ朝日系で放送

関連人物