水戸ご当地ちゃん・りま、プロデュースライブで笑顔!

2016/04/27 16:50 配信

アイドル・美少女

水戸ご当地アイドル(仮)が「水戸ご当地ちゃん!! LIVE りまproduce『茨の城と白鳥の湖』」公演を開催

水戸ご当地アイドル(仮)が「水戸ご当地ちゃん!! LIVE りまproduce『茨の城と白鳥の湖』」公演を開催

水戸ご当地アイドル(仮)が、茨城・水戸市内で「水戸ご当地ちゃん!! LIVE りまproduce『茨の城と白鳥の湖』」公演を開催した。

メンバープロデュースによるライブは今回が初で、記念すべき第1回はリーダー・りまがプロデュースを担当。今回のライブは、りま考案の演劇とともに進行していくというスタイルで行われた。

ライブはまず、「水戸にかわいい女の子が5人いて、その子たちは街の人を愛していて、街の人たちにも愛されてっていました。でも、そこに悪い魔女がやって来て女の子たちを自分のものするためにお城に閉じ込めようとしたけど、女の子たちはみんなのためにここにいるからって拒んだんです。それに怒った魔女が、女の子たちを白鳥に姿を変えてしまいました」(りま)という内容の、演劇のプロローグからスタート。

続いて「出すぎた杭は打たれない」「仮契約のシンデレラ」といったカバー、U.M.U AWARDとBEMANIシリーズのコラボ楽曲「MITOれて!いばらきっしゅだ~りん」などでファンを盛り上げる。

自己紹介とあいさつの後は、先日発表されたばかりの新曲や「いばらき おいしいパラダイス」「トレジャーレジェンド」などのオリジナル曲で畳み掛け、再び演劇のパートに。「ライブでの声援で白鳥の呪いが解けた女の子たちが魔女と仲直りして、みんなで一緒にライブを楽しむことになります」(りま)という演劇の後、「全力少女」とメドレーの「我~想~梅~NEBA」でライブ本編を締めくくった。

最後のあいさつでは、まりのが「今日は初めてメンバーがプロデュースする単独ライブということで、全然人が来なかったらどうしようっていう不安もあったんですけど、たくさんの人が来てくれて本当にうれしかったです。みんなの愛のおかげで私たちは活動できているので、これからも愛をください!」と感謝。

ゆりりんは「りまさんの頑張りに感謝したいです。フォーメーションを紙に書いて、動画を見ながら振りを教えてくれたり、本当に感謝でいっぱいです。いつか自分がライブをプロデュースすることがあったら、りまさんを越えられるように頑張りたいと思います」と、りまへの思いを語った。

るかは、アイドル総合支援サイト「愛踊番付」で自身たちのパフォーマンス動画が1位になったことに触れ、「皆さんの応援と投票のおかげで1位を取ることができました。もっと上に行けるように、そして今後もメンバープロデュースのライブをやっていきたいと思うので、これからもずっとそばにいてください」とファンにメッセージを送る。

ライブプロデュースという大役を果たしたりまは「皆さんが来てくれて、応援してくれたおかげで楽しいライブができたし、最後まで全力でやることができました」と笑顔を見せた。

アンコールの「Smile again」でライブを終えた後、りまは「水戸ご当地アイドル(仮)を最近知った方、新規の方が多くなってきたなって少し感じていたので、全員が楽しめるような、偏りのないライブにしようと思って、ライブの間に劇を入れてみたり、工夫しました」とライブを振り返る。

また、「最初は劇をやるって考えていなかったんですけど、何か新しい、面白い事をしたいなと思った時に、茨城には千波湖があるなって。あと今、水戸城付近を復元整備しようしていて、茨城の城が復活、茨の城で『白鳥の湖って奇麗だな』って直観的に思い付いたんです。題材が先に決まってから物語を考えました」と演劇について明かす。

自身の演技については「練習よりはうまくできたと思うので…70点?」と控えめに語り、「大根役者だったので、次はもっと迫真の演技ができるように頑張りたいです。また劇をやってみたいですね!」と意気込んだ。

さらに、「初めてのメンバープロデュースということで、ライブが始まる前は『本当に来てくれるかな?』とか『全然楽しんでもらえなかったらどうしよう?』とか、不安がすごくいっぱいあったんですけど、ライブが始まったら逆にファンの皆さんから『りまちゃんのプロデュースだから、盛り上げてあげよう』っていう気持ちが伝わってきて。最初からテンションマックスになれたので、いいライブができたなって思います!」と満足げ。

そして、「普段は言わないような『もっと声出せるだろう?』とか叫んでたりしてたので、本当に自分の新しい面を出せたような気がします。完全燃焼しました!」と笑顔を見せた。

次回は5月22日(日)に茨城・VOICEで、ダンス部長・るかプロデュースによる「水戸ご当地ちゃん!! LIVE RUKA produce『Five Journey』」が行われることも発表された。

「水戸ご当地ちゃん!! LIVE りまproduce『茨の城と白鳥の湖』」
M1:出すぎた杭は打たれない
M2:nerve
M3:仮契約のシンデレラ
M4:MITOれて!いばらきっしゅだ~りん
M5:「新曲」
M6:いばらき おいしいパラダイス
M7:LoveLove DokiDoki
M8:トレジャーレジェンド
M9:フライハイ
M10:全力少女
M11:我〜想〜梅〜NEBA
EN1:「新曲」
EN2:NEBAPPE☆MITOPPO
EN3:梅
EN4:Smile again

「水戸ご当地ちゃん!! LIVE RUKA produce『Five Journey』」
5月22日(日)茨城・VOICE

水戸ご当地アイドル(仮)公式HP
【HP】mito-idol.kirara.st/

関連画像

水戸ご当地アイドル(仮)が「水戸ご当地ちゃん!! LIVE りまproduce『茨の城と白鳥の湖』」公演を開催 【写真を見る】リーダー・りま、ライブプロデュースで「完全燃焼しました!」 次回のライブプロデュースは、ダンス部長・るかが担当 まりのは、ファンに感謝しつつ「これからも愛をください!」

関連ニュース

画像で見るニュース

# # # # # # # # #