Ken Yokoyamaが地上波のTV番組出演を解禁

2016/05/02 20:00 配信

音楽

5月6日(金)、昨年秋に放送され好評を博した「HEY! HEY! NEO!」の第2弾が放送。司会はもちろんダウンタウン

5月6日(金)、昨年秋に放送され好評を博した「HEY! HEY! NEO!」の第2弾が放送。司会はもちろんダウンタウン

ダウンタウンがMCを務める音楽番組「HEY! HEY! NEO!」の第2弾が放送決定(5月6日(金)夜11:00-11:58、フジテレビ系)。

前回に続き、ほぼ地上波のテレビに出演してこなかったアーティストが続々登場する今回、出演アーティストの歌唱曲&爆笑トーク内容の一部が明らかになった。

パンクロック界のカリスマ、Ken Yokoyamaは「I Won't Turn Off My Radio」を披露。客と一体となり圧倒的なライブパフォーマンスを見せたが、トークでは、今まで見たことのないKen Yokoyamaの一面が明らかにされ、ダウンタウンにいじり倒される。

また、現在のメンバーに落ち着くまでの経緯についてトークを展開。ベースのJun Grayは、Ken Yokoyamaに入ることについて、家庭で話し合いが持たれたという。さらに、21年間地上波のテレビに出てこなかったKen Yokoyamaが今、テレビ出演に対して思うことを話す。

青春パンクシーンをけん引してきたカリスマ、銀杏BOYZは「生きたい」を熱唱。ボーカルの峯田和伸はバンド活動にとどまらず、楽曲提供に「奇跡の人」(NHK BSプレミアム)主演などの俳優業と幅広く活躍している。熱狂的なダウンタウンファンの峯田は、ダウンタウンとの共演に、頭の整理がついておらず、その熱い思いを爆発させる。ただ、ダウンタウンと並ぶくらい、Ken Yokoyamaにも憧れており、ダウンタウンから「どっちが好きなのか?」と詰め寄られる場面も。

湘南で結成されたレゲエ・パンクバンドで、今回が地上波音楽番組初歌唱となるSiM。パフォーマンスに対するファンの盛り上がりに衝撃を受けるダウンタウンだが、ダイブで盛り上がるファンのことを、松本は「遅れてきたメンバーだと思った」と話す。そして「なぜ今回、地上波の音楽番組への出演を決めたのか?」その真意を聞く。

ボーカルの尾崎世界観のハイトーンボイスがクセになる4ピースバンド、クリープハイプには、彼らを推薦する千原ジュニアや清水ミチコからのコメントが寄せられる。トークでは、ベースの長谷川カオナシや尾崎世界観の名前の由来についての裏話が飛び出す。

料理と音楽の新たな楽しみ方を提案する、超自家製ラッパー・DJみそしるとMCごはんは、料理を作りながらのパフォーマンスでダウンタウンを驚かせる。そんな彼女が料理に関するラップ始めた意外と真面目なきっかけとは!?

また、料理以外に関するラップをする時には、違う名前でも活動し、自動車教習所の合宿に行ったときのやりきれない思いを『DJハンドルとMCブレーキ』という名前で、ラップにのせて曲を作った話も明かす。

■「HEY!HEY!NEO!」5月6日(金)楽曲ラインアップ

Ken Yokoyama「I Won't Turn Off My Radio」

銀杏BOYZ「生きたい」

SiM「MAKE ME DEAD!」

クリープハイプ「破花」

DJみそしるとMCごはん「ティラミス」

「HEY! HEY! NEO!」
5月6日(金)夜11:00-11:58
フジテレビ系で放送
MC=ダウンタウン(浜田雅功・松本人志) 
ゲスト=Ken Yokoyama、銀杏BOYZ、SiM、クリープハイプ、DJみそしるとMCごはん