スピルバーグ待望のファンタジー「BFG」が9月公開

2016/05/09 07:00 配信

映画

スティーブン・スピルバーグ「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」(邦題)が今秋日本上陸

スティーブン・スピルバーグ「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」(邦題)が今秋日本上陸

数々の名作、ヒット作で世界を熱狂させてきたスティーブン・スピルバーグが、最新作で久々にファンタジー映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」(邦題)のメガホンを取ることが分かった。

本作は「チャーリーとチョコレート工場」の原作者と共に、少女と“やさしい巨人”との心温まる友情を描く、奇想天外なアドベンチャー。'16年度の「カンヌ国際映画祭」にて、現地時間5月14日(土)に監督のスピルバーグとキャストを迎え、ワールドプレミア特別上映も決定している。

物語の舞台はイギリス・ロンドン。児童養護施設に暮らす好奇心旺盛な少女・ソフィーは、真夜中に窓から入ってきた“巨大な手”に持ち上げられ、突如「巨人の国」に連れて行かれてしまう。

ソフィーを連れ去ったのは、夜ごと子どもたちに“夢”を届けるやさしい巨人のBFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント。独りぼっちだったソフィーは、巨人だけど孤独なBFGと心を通わせ、奇妙な友情と信頼関係を育んでいく。

今回解禁されたポスター画像では、足元だけのBFGと彼を見上げるソフィーの姿が描かれ、想像力をかき立てられるビジュアルとなっている。この2人がどんな冒険を繰り広げていくのか、“スピルバーグ印”の新たなファンタジーに、期待は高まる一方だ。

また、本作には「インディ・ジョーンズ」や「スター・ウォーズ」の製作にも関わってきた、スピルバーグ作品熟練の“ドリームチーム”が結集。

製作はフランク・マーシャル、製作総指揮にキャスリーン・ケネディ、脚本を担当したのは本作が遺作となった「E.T.」のメリッサ・マシスンだ。

さらに、多数のアカデミー賞受賞歴のあるヤヌス・カミンスキーが撮影、編集はマイケル・カーンとビッグネームが名を連ね、音楽はスピルバーグ作品には欠かせない名匠ジョン・ウィリアムズが担当する。

スピルバーグが絶大の信頼を寄せる、超一流のメンバーによって作り出された圧倒的な世界観は、初めてスピルバーグ作品に触れる人でも感動必至だ。

そして、豪華さとフレッシュさを兼ね備えたキャスト陣にも注目が集まる。“やさしい巨人”BFGを演じるのは、スピルバーグ監督作品「ブリッジ・オブ・スパイ」でことしのアカデミー助演男優賞に輝いた、イギリス演劇界の“レジェンド”マーク・ライランス。ソフィー役には、オーディションでこの役を射止めた新鋭ルビー・バーンヒルが大抜てきされた。

原作は、世界中で愛されているイギリス児童文学界の巨匠ロアルド・ダールの「オ・ヤサシ巨人BFG」(評論社刊)。くしくも生誕100周年に当たる年に、映画界の巨匠スピルバーグによって映像化されることになった。

9月の日本上陸を前に世界で話題沸騰間違いない本作に、注目が集まる。

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」(邦題)
9月全国ロードショー

関連人物