「時をかける少女」が黒島結菜&菊池風磨でドラマ化!

2016/05/10 05:00 配信

ドラマ

ドラマ「時をかける少女」で主人公を演じることが決まった黒島結菜

ドラマ「時をかける少女」で主人公を演じることが決まった黒島結菜

日本テレビ系では、7月クールの土曜ドラマとして「時をかける少女」を放送することが決定。同ドラマの主演を、これが連続ドラマ初主演となる黒島結菜が務めることが分かった。

原作は、筒井康隆の同名SF小説。'65年の原作発表から50年たちながらも、原田知世、内田有紀、仲里依紗といったその時々の「旬の女優」たちを主役に据えて度々映像化され、年代を問わず愛されてきた「青春小説の金字塔」だ。

黒島演じる主人公・芳山未羽は、受験を間近に控えながら「将来の夢」が見つからない高校3年生。夏休み前のある日、理科室を掃除中に誰もいない準備室に漂うラベンダーの香りをかぎ、それをきっかけに「時を自由に超える能力」を身につけてしまう。

未羽はこの能力を駆使してさまざまなことにチャレンジし始め、周囲の人々を騒動に巻き込んでいく。時間を操り、多くの出来事を経験する未羽は、やがて自分自身を見詰め直していく。

未羽を演じる黒島は「『時をかける少女』は、小さいころにアニメを見てから大好きな作品なので、まさか自分が主人公の女の子になれるとは思ってもいませんでした。

先日、監督、スタッフの皆さんとお話をした際に、このドラマに対する熱い思いを受け、こんなにもすてきな皆さんとこのドラマを作っていけることができるのは、すごく楽しみですし感謝の気持ちでいっぱいです。

今までとはまた違った新しい『時をかける少女』に出会えると思います。見てくださる皆さんの記憶に残るような作品にするために、このひと夏をキャスト、スタッフの皆さんと一緒に、一生懸命全力で駆け抜けたいと思っていますので、よろしくお願いします」と意気込みを語った。

未羽のクラスメート・深町翔平を演じるのは、Sexy Zoneの菊池風磨。未羽とは幼なじみという関係だが、彼の正体は西暦2122年から来た未来人「ケン・ソゴル」。未来では優秀な研究者で、とある事情で未来へ帰れなくなった彼は、街の人々に集団催眠をかけ「深町家の息子」として生活している。

菊池は「『時をかける少女』に出演させていただくことが決定し、心からうれしく思うと同時に、もう戻ることのできない高校時代において青春を過ごすことができるという、この上ないチャンスを頂いたことに対し、感謝の気持ちに満ちあふれています。

日本テレビの土曜9時という枠は、私が初めてテレビドラマに出させていただいた枠であり、勝手ながら非常に思い入れのある枠でもあります。8年の時を経てこの枠に帰ってきたということもあり、少しでも成長した自分で、当ドラマに貢献できたらなと心から思います。

未来人だからこそ感じることができる日本の四季の美しさや、淡い恋物語、人の温もりなど、今のわれわれが忘れかけている幸せをお伝えできるように頑張ります。夏ならではの楽しさと、楽しさ故のはかなさを感じることができる季節だと思うので、そんな日本の夏を感じていただけるとうれしく思います」とコメントした。

「'16年版」となる今作では、連続ドラマという強みを生かし、これまであまり描かれてこなかった翔平(=ケン・ソゴル)から見たストーリーを丁寧に描いていく。未羽やこの時代に対する思い、彼の中にある知られざる苦悩や葛藤など、翔平の心理描写にも注目だ。

さらに、夏ドラマらしく「海」「青空」「花火」「夏祭り」といったシチュエーションを生かした、「ド直球の熱く切ない青春ドラマ」になるとのこと。フレッシュなキャストと共に、夏らしいキラキラとした青春模様に酔いしれよう。

「時をかける少女」
7月スタート
毎週土曜夜9:00-9:54
日本テレビ系で放送

関連人物