スピルバーグ“奇跡の新人”と共にカンヌ登場!

2016/05/16 04:00 配信

映画

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」がカンヌでワールドプレミア上映を行った

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」がカンヌでワールドプレミア上映を行った

数々の名作、ヒット作を世に送り出してきたスティーブン・スピルバーグが、久々にファンタジー映画を監督すること話題沸騰の映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」のワールドプレミアが、現地時間の5月14日、カンヌ映画祭にて行われた。

世界三大国際映画祭の一つであり、全映画人の憧れでもあるカンヌ国際映画祭。ことしで69年目を迎えた歴史ある場として、多くの著名人が名を連ね、4600人以上の取材陣が集まり、日夜映画のコンペティションや上映会、新作のお披露目イベントなどが行われ、熱気あふれるフランス・カンヌ。

本作の監督スピルバーグがカンヌの地を初めて踏んだのは'74年で、自身初の長編作品「続・激突/カージャック」('74)にて脚本賞を受賞した。

そんな彼が満を持してタイトルのごとく“ビッグ”な作品を引っ提げてカンヌに戻り、大勢のマスコミに囲まれて熱気立つ「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」ワールドプレミアがついに開催された。

厳選された400人のカメラマンと50台以上のテレビカメラが連なり、取材陣もまた伝統あるドレスコードに身を包んでカンヌの大舞台に華を添え、今作のキャスト陣を待ち受ける。

プレミアにはスピルバーグ監督の他、ことしの「第88回アカデミー賞」にて同じくスピルバーグ作品「ブリッジ・オブ・スパイ」('16年)にて助演男優賞の受賞が記憶に新しいイギリスの名俳優、マーク・ライランス(BFG役)。

オーディションで巨匠スピルバーグの目に留まり、女優歴わずか2年あまりでスクリーンの主役へと駆け上がった10歳の“奇跡の新人”女優ルビー・バーンヒル(ソフィー役)をはじめ、出演キャストたちが駆けつけ、カンヌのメーン会場となるPalais des Festivalsの赤い大階段を前に、今作のお披露目を盛大に祝った。

今作で主演を演じるマーク・ライランスは「楽しいよ、すごく興奮するよ!」と興奮を抑えられない。会場からは割れんばかりの拍手が起こり、笑顔で答えるキャスト、スタッフたちからは今作への確固たる自信と公開前の膨らむ期待感が伝わる。

また、今回ワールドプレミアに合わせてマスコミ記者会見も開かれ、キャストやスタッフ陣が熱い思いを語ると共に、まだ見ぬ期待の今作の全貌が初めて明らかとなった。スピルバーグ監督は近年シリアスな作品を撮り続けている中で、ファンタジー作品を選んだことについて「想像の中の世界をストーリーとして語るということをしてみたかったんだ。歴史的な映画を作るとき、歴史の事実を正しく伝えるためにこのような想像力は横に置かなければならない。しかし、今回の作品はそういう規制がなく、自由な形で展開できた。若いフィルム・メーカーに戻ったような気持ちになったね」と34年前にメガホンを取った「E.T.」を思い起こすフレッシュな気持ちで挑んだ作品であると明かす。

また、今作のような素晴らしい作品を撮り続けることについて「僕はいつも良いストーリーを追い求めているんだよ。時には子どもたちの顔を見てピンとくることもある。僕はまさにこの『BFG』の原作を子どもたちのために読んであげていたんだ。そのときに子どもたちの反応でよく分かるんだよ。この物語は子どもたちの心をしっかりとつかむ美しい物語だから、原作の世界をもっと広げられると思ったんだよ」と名作を生み出す秘けつは、意外にもありふれた日常の一コマにあると語った。

スピルバーグが認めた“奇跡の新人”ルビー・バーンヒルは人生で初めての報道陣を前に、やや緊張した面持ちだったが「今回の映画は初めての大作です。子どものTVショー番組に出たことはありましたが、今回は本当に夢のような経験をしました。今、こうしてカンヌ国際映画祭に来ているなんて、すごい経験だと思います。やったー!って感じ」と小さくガッツポーズし、周りの拍手を誘った。隣に座るスピルバーグ監督は「よくできました」の意味を込めてルビーの頭をなで、温かくほほ笑ましい会見となった。

カンヌの熱を帯びながら、日本公開は9月17日(土)に決定し、ますます期待が高まる今作。今回カンヌ国際映画祭と共に、日本では初の特報映像が解禁される。

「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」(邦題)
9月17日(土)全国ロードショー

関連人物