アジアン・馬場園梓「竹野内豊さんはすごくかわいい」

2016/05/19 08:00 配信

ドラマ

アソシエイト弁護士・麻里を演じるアジアン・馬場園梓

アソシエイト弁護士・麻里を演じるアジアン・馬場園梓

毎週木曜に放送中の竹野内豊主演ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」(テレビ朝日系)。

企業法務専門の弁護士・ビジネスロイヤーの活躍を描く本作で、パートナー弁護士・猫田(杉本哲太)のアソシエイト弁護士・麻里を演じる馬場園梓(アジアン)にインタビューを行った。

――まずは役どころを教えてください。

麻里は自由奔放な子。仕事はちゃんとしますが頼りない先輩(猫田)とタッグを組んでいるので、表面上は出しませんが心の中では「こいつ大丈夫か?」って感じで見下しているような人間です(笑)。猫田さんは仕事中に婚活サイトを見ているので、それを陰でバカにしています。

――福田靖さんの台本はどうですか?

本当に面白くて、台本を読んでいる感じではないような感覚すら覚えます。仕事として覚えなきゃ!ということではなく、最初から夢中になって読んじゃうぐらい面白いので、台本というよりは小説を読んでいるような気持ちで、どんどん読み進めてしまっています。

――弁護士チームのムードメーカーはどなたですか?

やはり、大倉孝二さんではないでしょうか。いつもいろんな話をしてくださるんですけど、全部面白いんですよ。「この間こんなことがあってさ~」から始まり、最後には絶対にオチがあるんです(笑)。演技も面白いなって思うんですけど、普段から面白い方なので、最初は芸人さんだと思っていたくらい。でも、芸人さんじゃなくて、すごい俳優さんでした。

――ペアを組んでいる杉本さんとのやりとりで印象に残っているのは?

哲太さんは私がくだらない話をしても、しっかり最後まで聞いてくださるんです。テープチェンジやセットチェンジの合間に何の価値もない話をしても、「え? そうなの? それで? こういうときはどうすんの?」って食いついてくださって聞いてくださるので、楽しくなってどんどん喋ってしまうんです。いいお兄さんというか、いいお父さんだなあと。こんなお父さんがいたらいいのになって、安心感すら覚えます。本当に優しい方ですね。

――では、主演の竹野内さんの印象は?

竹野内さんは、やんちゃというか、かわいらしいところがありますよね。目に付いたものをとりあえず一回触るんです(笑)。それがすごくかわいいなあ…って思っています。カメラなどの機材が置いてあったら、ちょっと触ってみるんです。何かするわけでもなく、一回フォルムを触ってみるんです(笑)。

あとはみんなの荷物を置いている棚を触ったり、気になったらとりあえず触ってらっしゃるのが、少年みたいでかわいらしいです。普段からクールでカチッとされていて、話し掛けるスキもなく、視界に入れるのも申し訳ないくらいの凛とされた方なのかなと思っていたので、ギャップに萌えました。本当におちゃめです(笑)。

――松雪さんはどうですか?

本当に優しい方で、優しさの極みです。初日の撮影のときから、何かもう笑顔がお布団くらいあたたかいんです。羽毛布団にくるまれたような安心感で(笑)、「よろしくお願いしますね~うふふ」って感じで気さくに話し掛けてくださって。「うわ! あったかい!」って気持ちになりました。

こんなにも気さくに優しく話し掛けてくださるんだ!ってうれしかったですよ。竹野内さんもそうですけど、やっぱり俳優さんや女優さんって、どこか近寄り難いイメージでしたから。ましてや私のようにただの芸人に…。ただの芸人でしょ?みたいに思われてもおかしくない立場だと思っているので、すごく優しくて感動しています。

――「グッドパートナー 無敵の弁護士」というタイトルにちなんで、馬場園さんの無敵なものは?

やっぱり…からあげですかね。無敵となってくると。

――からあげはどう食べるんですか? タルタルとか?

シンプルなからあげがベストです。タルタルとかつけるのは邪道ですよ。お店によって味も衣も違うので。「おいしいからあげがあるよ」って教えてくださる人がいて、食べに行ってみると竜田揚げだったりして、「からあげじゃないじゃねえかよ!」って思ったりして(笑)。「チキン南蛮じゃないかよ」みたいな。その辺のこだわりはありますね。

――これまで出会った中で、これ!っていうのはありますか?

今は、学芸大学の「もり山」という中津からあげ専門店ですね。ファミリーマートでも「もり山推奨」のからあげが売っているんですけど、それがおいしいです。それを何もつけずに食べるのが最高においしくて、食べているときが無敵というか、至福の時です(笑)。だからたまにからあげ専門店に行って、モモと胸を200gずつ買ってきて、家に帰ってきて食べようと思うんですけど、帰りに歩きながら半分くらい食べてしまうんです(笑)。あとはプロレスも好きですね。新日本プロレスが特に。

――最近は格好いいレスラーの方もいらっしゃいますよね!

でも、私は天龍(源一郎)さんと長州力さんがもともと好きなんです。お母さんがプロレス好きだったので、その影響もありますね。胸とかチョップして張り合っているので、いつも内出血しているんですよ。カメラで寄った時に胸を見れば分かりますけど、みんな内出血しているんです。プロレスはただのパフォーマンスじゃないか?って人もいるんですけど、けがで1年以上休んだ人もいるし、命が懸かっているんだよ!って声を大にして言いたいです。そんな熱い戦いはやっぱり見ていて心が震えますよね。

――最後に見どころを教えてください。

弁護士のドラマなので、一見難しいお話かなと思うかもしれないですけど、堅苦しい仕事の話の中に、それを上回るくらい1人1人の人間臭さが出ていて、熱いものやおっちょこちょいな部分があって。元夫婦の庶民的なやりとりとか、和む部分の方がたくさんあるので、本当に面白いです。毎回1話完結で進んでいくので、いろんな楽しみ方があるし、肩ひじ張らずに見ていただきたいなと思います。

あと、私は弁護士の役ということで、弁護士バッジを着けさせていただいているんですけど、体形の割に私、いかり肩なんですよ。太っているのにいかり肩ってこの年で初めて気付いたんですけど、そのせいなのか、肉付きのせいなのか分かんないですけど、弁護士バッジが毎回変な方向を向いちゃっているんです(笑)。

なので、ちゃんとバッジがあるか見届けていただきたいなって思います。それに、哲太さんとのやりとりはすごく楽しくさせていただいているので、そこも楽しんでいただけたらいいですね。上司をちゃんと敬わない、今どきの感覚が麻里らしさだと思うので、楽しんでいただけたらなと思います!

「グッドパートナー 無敵の弁護士」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース