ゼクシィ9代目CMガールは朝ドラでブレークした美少女

2016/05/20 16:50 配信

CM

9代目CMガールに選ばれた吉岡里帆

9代目CMガールに選ばれた吉岡里帆

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが、結婚情報誌「ゼクシィ」の「新CM&新CMソング発表会」を、5月20日に都内で開催。今回で9代目となるCMガールには、吉岡里帆が選ばれたことが発表された。

ゼクシィのCMに出演するCMガールは、これまで多くの女性タレントが務め、その後ブレーク。そういった経緯から、同CMは「美少女タレントの登竜門」といわれ注目を集めており、過去には加賀美セイラ('01年)、加藤ローサ('04年)、倉科カナ('06年)、松井愛莉('13年)、広瀬すず('14年)、新木優子('15年)らが出演。

9代目のゼクシィCMガールの座を射止めた吉岡は、連続テレビ小説「あさが来た」(NHK総合ほか)で田村宜を演じてブレーク。現在は、日本テレビ系のドラマ「ゆとりですがなにか」(毎週日曜夜10:30-11:25)に佐倉悦子役で出演中の注目株だ。

ほか、同CMでは初となる新郎役を戸塚純貴が務めることも発表された。

発表会では、白いタキシードとウエディングドレス姿で登場した2人は、報道陣の多さに驚きながらもにっこり。2人は「本当に夢を見ているような気分です」(吉岡)、「『ゼクシィ』のきれいなイメージをやれるのかという思いもあったのですが、とても光栄に思っております」(戸塚)とそれぞれ心境を告白した。

また、吉岡は「実は、初めてお仕事をさせていただいたのが小学校3年生で、その時のお仕事がウエディングのモデルだったんです。それが掲載されたのが『ゼクシィ』でした」と不思議な縁を感じたことを明かし、報道陣を驚かせる一幕も。

最後に2人は、「すごくいいものができたと思いますので、少しでも皆さんにとって『ゼクシィ』が近い物になって、皆さんの幸せを手助けできたらいいなと思っています」(戸塚)、「見てくださる人が、『好きな人がいるっていいな』『この人とずっと一緒にいたいな』と、思ってくれたらいいなと思っています。そして、ちょびっとだけ笑ってもらえたらいいな(笑)」(吉岡)とそれぞれアピールした。

結婚情報誌「ゼクシィ」新CM
放送中

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース