黒猫チェルシー、話題の深夜ドラマ劇中歌の配信決定!

2016/05/26 23:00 配信

音楽

黒猫チェルシーとチャラン・ポ・ランタンのももが新バンド結成!?

黒猫チェルシーとチャラン・ポ・ランタンのももが新バンド結成!?

毎週水曜にTBSほかで放送中のドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」の劇中歌「抱きしめさせて~THE HEAD WINDS ver.~/黒猫チェルシー with チャラン・ポ・ランタン もも」が配信限定シングルとして6月1日(水)にリリースされることが分かった。

「抱きしめさせて」は、前田敦子主演で話題を呼ぶ深夜ドラマ内で結成されたバンド・THE HEAD WINDSの楽曲で、前田演じる毒島ゆり子の長年の同居相手、幅美登里役の渡辺大知が作詞・作曲をしたもの。

現在この「抱きしめさせて」にはバージョンが2つあり、1つは美登里がアコースティックギターでゆり子の部屋で歌ったり、5月4日放送の第3話で美登里がゆり子(前田)に別れを告げるシーンでオンエアされたアコースティックバージョン「抱きしめさせて~美登里の部屋ver.~」。

もう1つは5月25日に放送された第6話でのライブシーンで披露された「抱きしめさせて~THE HEAD WINDS ver.~/黒猫チェルシー with チャラン・ポ・ランタン もも」だ。

こちらの楽曲は、美登里こと渡辺がメーンで歌うのではなく、美登里が結成したバンド“THE HEAD WINDS”のボーカルとして登場した“来夢”ことチャラン・ポ・ランタンのももが歌唱しているバージョンとなる。

サビでは渡辺との見事なハーモニーによるツインボーカルも披露している。さらに、バンドメンバーは渡辺がボーカルを務める黒猫チェルシーのメンバーが演じており、ここに異色のコラボバンドが出現した。

チャラン・ポ・ランタンとして、普段2人で活動しているももだが、バンドのボーカルとして歌う姿もさまになっている。レコーディングも黒猫チェルシーのメンバーが実際に担当し、もものボーカルディレクションも作詞・作曲した渡辺が担当したとのこと。

今回、放送されたライブシーンの収録は4月末に目黒にあるライブハウス「鹿鳴館」で行われ、黒猫チェルシーのファン、チャラン・ポ・ランタンのファンなど約200人を前に、実際のライブと同じように会場全体が盛り上がり、臨場感のあるシーンの撮影に成功した。

なお、黒猫チェルシーの6月26日(日)からスタートする「青のララバイ」リリースツアー中、7月9日(土)名古屋APPOLO BASEと、7月10日(日)大阪・心斎橋MUSEにスペシャルゲストとして、ももが出演することも発表された。

ドラマを飛び出して、黒猫チェルシーとチャラン・ポ・ランタンのももによる、コラボバンドが見られる貴重な機会は、逃すべからず。

黒猫チェルシー
【公式HP】http://www.kuronekochelsea.jp/

関連人物