柿澤勇人&松下洸平、濃厚なラブシーンを披露!

2016/06/06 16:00 配信

イベント・舞台

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」でキース・ヘリングを演じる柿澤勇人

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」でキース・ヘリングを演じる柿澤勇人

東京公演がスタートしたミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」のお披露目取材会が、6月5日に行われた。

柿澤勇人、平間壮一、知念里奈、松下洸平の4人のキャストに、演出を手掛ける岸谷五朗が取材に応じた。

本作はアメリカの伝統的アーティスト、キース・ヘリングの31年の短い生涯を、心揺さぶるロック&ポップミュージックで描く。'03年にニューヨークのオフブロードウェーで初演され、アメリカ以外の国で上演は今回が初となる。

日本版の演出を手掛けるのは、キースと縁があるという岸谷。岸谷が'93年より継続しているHIVと闘う子どもたちの支援活動「Act Against AIDS」の最初のシンボルとなったのが、キースの描いたイラストだったという。

キースを演じる柿澤は、「この1カ月半ものすごいスピードで稽古が進んでいって、なんとかキースに追いつかなきゃという気持ちで必死でした。明日が初日なのが信じられないですね。つらかったけど楽しかったです。早くお客さんとこの時間を共有したいです。こんなに公演前にワクワクするのは初めてかもしれません」とコメント。

岸谷に苦労した点を聞くと、「本当にエンターテインメントに仕上がりました。その分、俳優は大変だったと思いますが…。僕がカッキー(柿澤)だったら、マチネ・ソワレ(昼・夜公演)はお断りすると思います(笑)。駆け抜ける人生を描いているので、1本やったら死ぬなって感じです。でも、とにかく、僕自身見るのが楽しみです!」と明かした。

それを受けて柿澤は「18歳から始まった僕の演劇人生の中で、歌の分量などが一番多く、体力的にも一番つらい役だと思いますが、妥協せずにちゃんと生きて死にたいです。1回くたばるくらいの勢いでやらないと、キースにも申し訳ないので。一歩でも二歩でもキースに近づいて、仲良くしていきたいです!」と意気込んだ。

劇中では、キースが高校卒業後ニューヨークで出会った友人のクワン(平間)、恋人のカルロス(松下)との時間、仕事に対する姿勢などが丁寧に描かれている。特に松下演じるカルロスとの濃厚なラブシーンは見どころのひとつ。

本公演は6月22日(水)まで東京・シアタークリエ、6月25日(土)から大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」
東京公演:6月6日(月)~6月22日(水)シアタークリエ
大阪公演:6月25日(土)~6月26日(日)森ノ宮ピロティホール
【HP】www.tohostage.com/radiantbaby/

関連画像

ミュージカル「ラディアント・ベイビー~キース・ヘリングの生涯~」でキース・ヘリングを演じる柿澤勇人 【写真を見る】恋人役・松下洸平との濃厚ラブシーンはこちら。柿澤と松下はプライベートでも仲が良く、共演経験もあり、キスシーンもお手のもの!? 高校卒業後ニューヨークにやって来たキース(柿澤)は、セクシーな男性二人に出会う キースはディスコでのちに恋人となるDJ・カルロス(松下)を見掛ける カルロスはキースの元に駆け寄り、二人は恋に落ちる 付き合うことになった二人は、上半身裸になりディスコで過激なダンスを繰り広げる キースは忙しくなるに連れ、カルロスとの関係に微妙な変化が… 知念里奈はキースのアシスタント役で出演! キースの友人でカメラマン、ツェン・クワン・チーを演じる平間壮一 お披露目取材会に出席した岸谷五朗(演出担当)、知念、柿澤、平間、松下(左から)

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース

# # # # # # # # #