エマ・ワトソン、主演最新作で体当たり演技を披露!

2016/06/09 23:15 配信

エマ・ワトソン主演最新作「コロニア」(邦題)が9月17日(土)に全国ロードショー

エマ・ワトソン主演最新作「コロニア」(邦題)が9月17日(土)に全国ロードショー

エマ・ワトソン主演最新作で、トロント国際映画祭ほか多くの映画祭で話題を呼んだ「COLONIA」(原題)が、邦題「コロニア」として9月17日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国ロードショーすることが決定した。

クーデターでとらわれた恋人を救うため、女性が一人“脱出不可能”と言われる恐怖組織へ潜入する。南米チリのピノチェト独裁政権下、ナチスの残党と結びつき拷問施設となった「コロニア・ディグニダ」を舞台にした脱出スリラー。

ポル・ポトと並ぶ世界で最も凶悪な歴史の一つでありながら、日本ではあまり知られていない史実が背景にはある。

ひるむことなく困難を乗り越えていくしなやかでタフなヒロイン・レナを演じるのは、「ハリー・ポッター」のハーマイオニー役から華やかに成長し、1年間の女優業を休止し国連の新しいフェミニズム活動の広報を担うなど、一人の女性としても輝きを増すエマ・ワトソン

とらわれた恋人・ダニエルを「ラッシュ/プライドと友情」のダニエル・ブリュール。そして恋人たちを精神的に肉体的に追い詰める“教皇”パウル・シェーファーを「ミレニアム」シリーズで知られるミカエル・ニクヴィストが怪演している。

エマ・ワトソンといえば、自己成長のため1年間の女優休業を宣言。その間、国連が立ち上げた新しいフェミニズム活動「He For She」の広報大使として活動、男女平等とジェンダー、ステレオタイプからの脱却を訴えた国連での演説も話題となった。

本作についてエマは「愛のためにどこまでできるか。女性はとらわれる側を演じることが多いですが、この映画では女性が男性を救いに行く。その設定に引かれました」と出演の経緯を語る。

フロリアン・ガレンベルガー監督も「強いだけの女性では駄目、勇敢さと弱さを併せ持っていないと。光を持った女性を暗闇に送り込みたかった。そんな女優はエマしかいない。彼女はいつもまぶしい光を発している」と、エマの存在感を絶賛。

恋人とのほほ笑ましい恋愛シーンから、コロニア内での信用を得るため服を脱ぐシーン、せっかんや極限での脱出シーンなど体当たりで演じたエマ。大人の女優に脱皮したエマの姿は一見の価値ありだ。

「コロニア」
9月17日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー
出演=エマ・ワトソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・ニクヴィストほか
監督=フロリアン・ガレンベルガー
配給=REGENTS、日活

関連人物