“ヤバ妻”最終回目前! 高橋一生 ラストは「夫婦の愛の形が見える」

2016/06/11 11:00 配信

ドラマ

「ハラハラする」「予測不能」と話題の春ドラマ「僕のヤバイ妻」(毎週火曜夜10時、フジ系)。望月幸平(伊藤英明)、真理亜(木村佳乃)が互いに殺し合おうとする“ヤバイ”夫婦を演じるさまは、「真理亜の笑顔が怖い」「幸平のポンコツっぷりが笑える」「とにかくみんな狂い過ぎ」と視聴者を引きつけてきた。さらに、望月家以上に、怪しいオーラを放ち続けた隣人の鯨井家がここにきて、まさかの展開に!和樹役で出演中の高橋一生に、6月14日(火)に迎える最終回の見どころを直撃した。

最終回は“ヤバイ”2組の夫婦のバトル!

――ついに最終回を迎えます。オープニング曲の歌詞ではないですけど、「傷みかけた愛がヤバイ!非常事態!もう止まらない!」な展開ですね(笑)

最初は幸平が真理亜を殺そうとするところから始まって、猟奇的な話に見えていたと思うんですけど、回を追うごとに見ていくと、すごくみんながみんな、人間らしいなって思う人ばかりなんですよね。一見、サスペンスだった物語が最終回では違う形として見えてくると思います。

――望月家も“ヤバイ”ですが、和樹と有希(キムラ緑子)も放送当初からいろんな意味で話題でしたね(笑)。“レンタル夫婦”の事実発覚から一転、2人で結託して2億円を奪おうとする…など、かなり掻き回してましたね。

有希ちゃんのことが好きっていう気持ちがあるというのは初めから聞いていたので、それさえあれば和樹のそれまでの行動原理みたいなものは見えてくるのかなって思っていたので、迷いはなく演じることができました。レンタル夫という形ではありますが、やっぱり一つ屋根の下で一緒に住んでいたら、好きになったり嫌いになったりってあり得ることだと思うんです。そもそも、契約されてるってことはそれだけ(の収入)で生活できないと困るはずなのに、和樹は工事現場で働いている。杏南(相武紗季)に見つかったときも、口では『潮時だから離れようと思ってる』と言ってるけど、それでも有希ちゃんの元に戻ってますからね。セリフに注目してしまうというのが人だと思うんですけど、心って言葉ではなく、その人の行動だったりに表れているもんだと思うので、そういうのはすごく大事かなって思ってやっていました。

――ずばり、最終話の一番の見どころは?

とにかくバトルですよね。まさか望月家と鯨井家が最終決戦になるとは(笑)。お互いの気持ちが分からないズタボロ状態の望月家と、レンタル夫という形で全くの他人が同じ屋根の下で契約のもとに夫婦としている鯨井家。夫婦という形を何とか保っている2組の夫婦なんけど、実はものすごい愛にあふれているんだということが、この戦いを通して見えてくると思うんです。ドラマだから話としてデフォルメはされてるけど、お互いの夫婦像の違いというか、夫婦の向き合い方は、本当の夫婦間とか恋愛観とかいうものの中にもあるんじゃないかなって。心の流れとしては、見てくださる皆さんにも通じるものはあると思っていますし、すてきな収束の仕方だと思いました。

高橋一生&キムラ緑子が舞台で再共演

――そんなイチャイチャしていたキムラ緑子さんとは、7月から公演される舞台「レディエント・バーミン」でも共演されますね。

キムラさんとはドラマから数えると5カ月くらい一緒になるんですよね。次は謎めいた家の仲介人役として出演されてるんですけど、本読みをしたときに、(“ヤバ妻”では)あんなにイチャイチャしてたのに、何の違和感もなく、また新しい役になりきられてました(笑)。

――舞台と同時期に、「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)も始まりますし、'17年1月からの大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)への出演も発表されましたし、忙しい日々が待っていますね

全然忙しくない、まだ体は空いてるときあるんじゃないですか。とにかく、飽きられないように頑張ります(笑)。

「僕のヤバイ妻」
毎週火曜夜10:00-10:54 フジテレビ系で放送

たかはし・いっせい='80年12月9日生まれ、東京都出身。「民王」('15年ほかテレビ朝日系)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」('16年フジ系)など話題作の出演多数。7月スタートの金曜ナイトドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(テレビ朝日系)や、'17年1月からの大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)への出演も控える

キーワード

関連画像

話題のドラマ「僕のヤバイ妻」で“怪しい隣人”を演じる高橋一生を直撃! 【写真を見る】最終回は…「望月家と鯨井家が最終決戦になるとは(笑)」 「2組の夫婦は、実はものすごい愛にあふれている」と明かす それぞれのキャラについて「回を追うごとに、みんながみんな、人間らしいなって思う」 「(和樹は)迷いはなく演じることができました」とニッコリ 高橋は「心って言葉ではなく、その人の行動だったりに表れていると思う」 キムラ緑子とは7月からの舞台で再共演。「あんなにイチャイチャしてたのに、もう新しい役になりきられてました(笑)」。

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース

# # # # # # # # #