平岡祐太、一番印象に残る役は「プロポーズ大作戦」

2016/06/26 13:48 配信

イベント・舞台

トークショーを行った平岡祐太

トークショーを行った平岡祐太

6月25日に都内ホテルで行われた「重ねドルチェプレゼントキャンペーン 平岡祐太さんと過ごす贅沢なひと時」イベントに、俳優の平岡祐太が登場。同プレゼントキャンペーンに当選した30人と平岡がぜいたくな時間を過ごした。

今か今かと待ち望む来場者たちの前に、爽やかな笑顔で現れた平岡。トークショーの開始は平岡が来場者にティラミスを配るというサプライズからスタートした。執事に見立てた衣装で登場した平岡に、会場の女性陣からは「格好いい!」などと黄色い歓声が上がった。

平岡から一人一人にティラミスがサーブされ、招待客は間近に見る平岡にうっとり。ティラミスを食べながら和やかな雰囲気でトークが始まる。

普段から甘い物は好んで食べるという平岡は、今回の「重ねドルチェ」を食べた感想を「ビタースイートティラミスは上品な味」「お昼のスイーツとしてオススメ」「いちごのレアチーズはお風呂上がりに食べたい爽やかな味ですね」と感想を。

続いてのトークテーマは「贅沢なひと時」について。「平岡さんにとってのぜいたくなひとときは?」の質問に対し、平岡は「今、この時です!」と“甘い”答えをし、会場からは大きな拍手が。

また、「大人女子」についてのテーマでは「平岡さんがイメージされる大人女子とは?」という司会者の質問に、平岡は「自立した女性」「人に気を配れる女性」と回答。女性の好きな仕草については「方向音痴な女性の仕草」というマニアックな答えに、会場から笑いが。スイーツを食べている女性に向かい「スイーツを食べているときに髪を気にする仕草も好き」「ヒールを履いている姿」と答え、会場の女性たちはテンションが上がりっ放し。

司会者から「平岡さん自身は“男子力”はどうですか?」と聞かれると「自分の男子力は30点、これからどんどん高めていきたい」と謙虚に語った。

トークショー終盤ではこれまでの平岡の活動についても言及。今までで一番印象に残っている役柄は山下智久主演の“月9”ドラマ「プロポーズ大作戦」('07年ほか、フジテレビ系)などだそうで、当時はがむしゃらにやっていたことなど、熱い気持ちを伝えた。

「撮影中などは現場の空気を大切にしている」「空気もカメラに映ると思う」と俳優としての心構えを語った。ちなみに今後どんな役をやってみたいかを聞かれると「寡黙な役者を演じてみたい」と答え、普段の平岡とは逆のタイプの人物像を演じてみたいと明かした。

その後、プレゼント抽選会、平岡と招待客の記念撮影会を行い、盛りだくさんな内容イベントが終了した。

「重ねドルチェ マンゴーとオレンジのレアチーズ」
7月12日(火)、全国で販売開始

■雪印メグミルクホームページ
【HP】http://www.meg-snow.com
■重ねドルチェスペシャルサイト
【HP】http://www.kasane-dolce.com/

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース