清水富美加、松岡昌宏らからの“おにぎり型”誕生日ケーキに感激!

2016/12/02 06:00 配信

ジャニーズ

「家政夫のミタゾノ」の現場で清水富美加のバースデー祝いが行われた

「家政夫のミタゾノ」の現場で清水富美加のバースデー祝いが行われた

毎週金曜に放送中の松岡昌宏主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)。劇中で三田園(松岡)の良き(?)相棒・花田えみりを演じる清水富美加が、第7話が放送される12月2日(金)に22歳の誕生日を迎えるに当たり、撮影現場でお祝いセレモニーが行われた。

清水の誕生日を祝うべく、彼女の大好きなおにぎりがかたどられたケーキが松岡から手渡されると、清水は「きゃー! おにぎりだー!」と大感激。珍しい形のケーキに目を丸くしていた。

松岡は清水に「富美加ちゃんは本当にすてきな女性。このドラマのストーリーを引っ張ってくれているのもえみりちゃんだと思うので、感謝しています!」と、日々現場で明るく奮闘する清水に感謝を述べ、約3カ月間ドラマを盛り上げてきた相棒をねぎらった。

あらためて、22歳を迎える清水は「22歳って新社会人になる年齢なんですよね! 社会に飛び込んで大人として生きていく年なので、私も頑張ります!」と、新しい一年に向けて、決意を新たにしていた。

【12月2日(金)第7話のSTORY】

100年続く老舗干物店「松丸商店」の社長・松丸保志(温水洋一)宅から依頼を受けた三田園とえみりは、ぎっくり腰になってしまった松丸の妻・聖子(濱田マリ)に代わり、3日後に控えた法事の準備をするため、住み込みで手伝いをすることになる。

広さは十分だが、とにかく古い松丸家を「幽霊屋敷みたい…」と怖がるえみり。普段は何事にも動じない三田園も、どうやら幽霊にだけは少しおびえているような雰囲気だった。

ささいな物音にさえもおびえながら迎えた翌朝、聖子の娘・りん(新井美羽)は「幽霊を見たことがある」と三田園たちに告白。

「不思議なことがいっぱいあるのが人生だってお父さんとお母さんが言ってた」と、あっさり幽霊の存在を認めるりんに対し、三田園はこの家に潜む怪しい空気を敏感に察知する。

一方、誰も居ないはずのトイレから物音がする、とえみりが聖子に報告。止まったままだったはずの柱時計がいきなり動き出したり、これまでにも家政婦がすぐに辞めてしまったり、と不可解な出来事が頻発していたことを知り、えみりは本当にこの家には幽霊がいるのではないか?と指摘するのだが…。

「家政夫のミタゾノ」
毎週金曜夜11:15-0:15
テレビ朝日系にて放送
※一部地域で放送時間が異なる

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース