吉高由里子主演「東京タラレバ娘」親友役は榮倉奈々&大島優子!

2016/12/03 04:00 配信

ドラマ

「東京タラレバ娘」で“タラレバ娘”3人を演じる榮倉奈々、吉高由里子、大島優子(写真左から)

「東京タラレバ娘」で“タラレバ娘”3人を演じる榮倉奈々、吉高由里子、大島優子(写真左から)

吉高由里子が主演を務め、'17年1月にスタートする新ドラマ「東京タラレバ娘」(毎週水曜夜10:00-11:00日本テレビ系)に、榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎、鈴木亮平の出演が決定した。

本作は、累計発行部数180万部を超える東村アキコの同名コミックを原作に、幸せを求めて恋愛や仕事に悩みもがく、倫子(吉高)らアラサー独身女性たちの奮闘ぶりを痛快に描く。

番組ADから脚本家に転職したものの、なかなか売れない脚本家・倫子を演じる吉高は「原作を読んで思わずケラケラ笑っちゃいました。私が演じる主人公・倫子は“独身、彼氏ナシ、仕事もイマイチ”というアラサー女子。

幸せ求めてもがく倫子と一緒に、私も泣いたり笑ったりジタバタしながら、楽しんで演じられたらと思います。来年1月まで楽しみに待っていてください!」と語る。

倫子の高校時代からの親友で、ネイリストの山川香を演じる榮倉は「私が演じる香は自由な末っ子キャラです。一生懸命駆けずり回っている姿がとてもかわいかったり、面白かったりするので、そういう姿に共感してもらえるように私も一生懸命演じたいと思います」と意気込みを語った。

同じく倫子の親友で、倫子たちの“女子会”の会場になっている居酒屋「呑んべえ」の一人娘・鳥居小雪を演じる大島は「原作の漫画が『私のことを見ているのでは?』と思うくらいにアラサーの心の声を代弁していて、ズバッと刺さってきます。

それを実写で演じるので、辛辣(しんらつ)でありながらも明るく楽しく生きていきたいと希望が湧くようなドラマにしたいと思います」と語った。

倫子たちに現実を突きつけ、厳しい言葉を投げ掛ける新進気鋭のモデル・KEY(キー)を演じる坂口は「30代の心をズバッと突く言葉が多い役ですが、冷たそうに見えながらもいとおしく、そして格好よく、そう思ってもらえるような役にしたいと思います。よろしくお願いします」とコメント。

そして、以前倫子に振られた過去を持つドラマプロデューサー・早坂哲朗を演じる鈴木は「女子会のネタとして大いに盛り上がってもらえるような、そんなドラマにできたらと思っています。撮影が今から楽しみです。僕もおいしいつまみの一品になれるよう、早坂さんとして精いっぱい生きてみたいと思います」と明かした。

「東京タラレバ娘」
'17年1月スタート
毎週水曜夜10:00-11:00
日本テレビ系にて放送

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース