【アイドル国会】LinQ・高木「ずっとステージに」

2016/12/12 06:30 配信

芸能一般

「指原議長とアイドル国会」に出演するLinQの山木彩乃、高木悠未、新木さくら(左から)

「指原議長とアイドル国会」に出演するLinQの山木彩乃、高木悠未、新木さくら(左から)

アイドルたちの抱える悩みや未来への展望を見据えていく特番「指原議長とアイドル国会」が、12月22日(木)夜2時15分からフジテレビで放送される。

HKT48・指原莉乃が“アイドル国会”の議長となり、「アイドルSNS活用問題」「─セカンドキャリア」「─センター問題」から「─好きな食べ物問題」などをテーマに、集まった12組のアイドルたちが“ぶっちゃけ”トークを展開。

福岡を拠点に活動するアイドルグループ・LinQからは新木さくら、高木悠未、山木彩乃が出演。番組に参加した感想など、収録直後に話を聞いた。

――約3時間に及ぶ長丁場でしたが、収録はいかがでしたか?

山木:私自身、アイドルさんがたくさん出演する番組に出ることが初めてだったので、すごく緊張しました。皆さんキャラクターがあって、ガツガツしてるなって思いました。自分もしゃべっていこうと思っていたんですが、圧倒されて…。いつしか勉強するスタンスになっちゃいましたね(笑)。

「地方やけん」ってまだまだ負けられんし、地方のアイドルだからこそ、もっと東京の方に負けないという“負けん気魂”のスタンスでいなきゃいけないのかなって考えました。

高木:私たちLinQは「福岡を拠点に全国へ」というコンセプトで、メンバーもみんな九州出身なんです。でも、今日の収録で東京のアイドルさんたちの雰囲気から、育った環境の違いをすごく感じました。東京のアイドルさんたちは例えるなら満員電車みたい。ひとつ席が空いたらすかさず座るみたいな環境だと思うんですけど、福岡って意外とそういう環境がなかったので、本当に空気が違うなって思いましたね。

でも、だからこそ今回の体験はすごく自分にとってもいい刺激やなって感じました。やっぱり、ひな壇トークは難しいなってぶっちゃけ思いましたね(笑)。普通だったら会話のキャッチボールができるところも、ひな壇だと難しいなとすごく感じました。

ライブなどでもMCをやったりしますが、知っているメンバーの中だからできるんですよ。今回は(共演者を)あまり知らないし、フォローもし合えるというわけじゃないので。だからこそ、いつもの自分たちの空気感だけの環境にいるというのは甘えなのかなって思いました。

新木:私はLinQの中にいてもあまりしゃべる方ではないので、今回みたいなバラエティー番組に出ると、周りのアイドルさんたちはすごいなって思いました。私もこういう風にしゃべることができたらいいなって勉強にもなりました。そういう意味ではすごく良い機会でした。

印象に残っているグループは? (2/3)

「指原議長とアイドル国会」
12月22日(木)夜2:15-3:45
フジテレビで放送

議長=指原莉乃
副議長=土田晃之
書記=佐野瑞樹アナウンサー
法案特別委員=乃木坂46(西野七瀬、白石麻衣、生駒里奈)
アイドル議員=アップアップガールズ(仮)(仙石みなみ、佐保明梨、新井愛瞳)、アンジュルム(竹内朱莉、室田瑞希、笠原桃奈)、HKT48(兒玉遥、宮脇咲良、松岡はな)、大阪☆春夏秋冬(MAINA、ANNA、EON)、神宿(一ノ瀬みか、羽島めい、小山ひな)、チームしゃちほこ(秋本帆華、咲良菜緒、伊藤千由李)、PASSPO☆(根岸愛、増井みお、森詩織)、ベイビーレイズJAPAN(傳谷英里香、大矢梨華子、高見奈央)、まねきケチャ(中川美優、藤川千愛、松下玲緒菜)、LinQ(新木さくら、高木悠未、山木彩乃)、わーすた(廣川奈々聖、小玉梨々華、三品瑠香)
参考人=ゆみーる(GLITTER☆)

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース