“闇医者”を好演の松本享恭「爽やかなところも見てほしい(笑)」

2017/01/08 08:00 配信

TV番組

――「医者×ゲーム」がテーマですが、ゲームの方はいかがですか?

ゲームは結構やっていました。最近はちょっと自分を抑えるためにやらないようにしているんですけど、前はいろいろなテレビゲームをやりましたね。好き過ぎて、やり始めたら止まらなくなっちゃうんです(笑)。

――「仮面ライダーエグゼイド」の現場の雰囲気はどうですか?

とにかく明るいですね。早朝のバスで行くんですけど、お喋りが止まらないんですよ。結構切り替えははっきりしていると思います。撮影に行く途中も着いてからも、ずっと話しているんですけど、本番ではパッと切り替えられます。

――特にどなたがよく喋るんですか?

盛り上げてくれるのは瀬戸くんですね。瀬戸くんがいない日は静かに感じるくらい、いつも盛り上げてくれますね(笑)。

――大我と何かありそうなニコを演じる黒崎レイナさんが新たに加わりましたが、現場での黒崎さんはいかがですか?

ほぼずっと同じシーンにいるので、一緒にいる時間がとにかく長いんですよ。お喋りをすることも多いし、黒崎さんがニコちゃんのせりふを練習しているので、それに付き合うこともあります。黒崎さんには、若いエネルギーをもらっています(笑)。

――松本さんもまだお若いでしょ(笑)。特撮ならではのアフレコシーンは難しかったですか?

難しかったですね。自分の動きに声を合わせるのではなく、スナイプには表情がないのでちょっとした動きに合わせるというのが最初は難しかったです。でも、最近はやっと現場でもアクションを見ながら、ここはこうしようかな~などと考えられるようになりました。

それからは楽になったし、入り込みやすかったですね。監督やスーツアクターの方と相談して、アフレコに臨んでいます。

――逆にご自分のアクションはどうでしょうか?

難しかったですよ! 劇場版でもやりましたし、第3話でもやったんですけど、カメラが横にあるというのを忘れちゃうんですよね。動きに集中しちゃって…。そこが一番難しかったですね。

――立ち回りはそれほど苦労しなかったんですか?

覚えるのはちょっとだけ時間がかかるんですけど、やり始めたら普通にできました。

――ちょっと変化球ですが、もし松本さんが「仮面ライダー」を考えるとしたら、どんなライダーがいいですか?

スナイプは自分の好きなものが詰まっているので、スナイプを超えるのはなかなかないですね。銃を使うところも好きですし、僕自身もシューティングゲームが好きなので、最初に設定を聞いた時、この共通点はうれしかったです。

――今後の見どころを教えてください。

ニコが出てきてからの大我は、今までツンツン威勢の良かったのがウソのようになります。大我をニコが徐々に崩していくような感じと言うか、とにかく調子が狂わされるんですよ。ただ、なぜかそれも嫌いじゃないというか(笑)。

そこから大我がどうなっていくのか見どころですね。新しい大我を見てください!

業界に入ろうと思ったきっかけはあの人気映画! (3/3)

■PROFILE
松本享恭(まつもと・うきょう)
1994年12月27日生まれ。福岡県出身。
映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー」が公開中。

■「NGS17」Next Generation Star/New Generation Start特設サイト
【HP】https://thetv.jp/feature/matome/276/

「仮面ライダーエグゼイド」
毎週日曜朝8:00-8:30
テレビ朝日系で放送

関連画像

「仮面ライダーエグゼイド」で花家大我/仮面ライダースナイプを演じるNew Generation Star・松本享恭 【写真を見る】松本享恭は「目的に向かって突き進むという点は似ているかなと思います」と役との共通点を語る 「『永夢(飯島寛騎)のガシャットを奪った人だ~!』って指をさされたことはありましたね(笑)」と振り返る松本 撮影現場はとにかく明るいんだそう 松本は「山田孝之さんや、小栗旬さんに憧れています」と明かす 「地道にコツコツと頑張ります!」と堅実な将来の夢を語った

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース

# # # # # # # # #