比嘉愛未が「人生のテーマ」と語る”言葉”とは?

2017/01/12 08:00 配信

ドラマ

1月14日(土)から、比嘉愛未主演の土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」(毎週土曜夜10:00-11:00WOWOWプライム、全4回、第1話無料放送)がスタート。

同作は原田マハの同名小説をドラマ化したもので、ごく普通のOL・二ノ宮こと葉(比嘉)が、スピーチライターの紡ぐ“言葉”に魅了されて新たな人生を選択するという成長物語。

主演の比嘉にインタビューを行い、本作の見どころや“言葉”にまつわるエピソードを聞いた。

──撮影を終えた感想は?

連続ドラマに出演したというより、1本の長編映画を撮り切ったような感覚があります。佐々部(清)監督は映画をたくさん撮っている方なので、今回はロングスピーチを長回しで撮ることが多かったのですが、それがいい緊張感を生んでいました。スピーチのシーンは、ドキュメンタリー映画のようです。

WOWOWではたっぷりと時間をかけて1つの作品を作れますし、ドラマと映画のいいとこ取りをしているような感じで、出演できて本当に光栄でした。

──役作りにもじっくりと取り組めましたか?

役を「作り込んだ」のとは、ちょっと違うと思います。こと葉はあまりにも私に近いキャラクターなので、「素の自分でいこう」と思っていました。良く言えば「まっすぐで素直」、悪く言えば「頑固で不器用」なところが、私と似ていると思います。

こと葉の言動は違和感なく理解できたので、役作りでは悩みませんでした。

監督からは「“比嘉愛未”と“こと葉”が擦り寄って、“まな葉”になってもらいたい」と言われました。その感覚を忘れないようにしつつ、頭じゃなくて心で、こと葉の言葉を届けられるようにと思っていました。

──スピーチライターという職業は、もともと知っていたのですか?

いえ、全く知らなかったので、現職のライターの方に取材をして、一から勉強しました。スピーチライターはクライアントさんが人前で存分に輝けるように、演出するお仕事なんです。

だからお芝居でいうと、監督や演出家の方に近いのかなと思います。難しいですが、すてきなお仕事だと思いました。

──撮影現場では、共演者の方とどのように過ごしていたのですか?

(長谷川)京子さんとは、いろいろなお話をしました。子育てをしている京子さんに、いろいろと質問させていただいて。役者さんとしてもお母さんとしてもバリバリ働いている京子さんには、役の設定と同じように、「先輩!」という思いを抱きましたね。

八千草(薫)さんは、とってもチャーミングな方なんです。八千草さんが撮影現場にいらっしゃるだけで、みんなが癒やされました。八千草さんのお人柄が、声や言葉ににじみ出ています。お芝居に深さがあるので、歌人の役として説得力があるんですよね。私にはまねできない、究極の表現だなと思いました。

比嘉愛未を支えた”言葉”たち (2/2)

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」
1月14日(土)スタート(全4回)
毎週土曜夜10:00-11:00ほか
WOWOWプライムにて放送
※第1話は無料放送

原作=原田マハ「本日は、お日柄もよく」(徳間文庫)
監督=佐々部清
脚本=谷口純一郎
音楽=羽深由理
出演=比嘉愛未、長谷川京子、渡辺大/石橋蓮司、八千草薫(特別出演)/速水もこみち、船越英一郎
【公式HP】http://www.wowow.co.jp/dramaw/ohigara/
【公式Instagram】@_ohigara

◆ザテレビジョンからのお知らせ◆

関連画像

「連続ドラマW 本日は、お日柄もよく」で主演を務める比嘉愛未 【写真を見る】比嘉愛未は「連続ドラマに出演したというより、1本の長編映画を撮り切ったような感覚があります」と明かす 「この作品は心に響くすてきな言葉がたくさん出てくるドラマなので、見てくださった方に『言葉の力』が伝わるとうれしいです」と話す 比嘉は、スピーチライターを目指す二ノ宮こと葉を演じる

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース

# # # # # # # # #