【咲対談】古畑星夏&山田杏奈「テンション高い」に廣田あいか「いひひ」

2017/02/03 06:00 配信

映画

女子高校生たちがマージャンに打ち込む姿を描く、小林 立の青春漫画を実写化した映画「咲-Saki-」が、2月3日(金)から全国公開される。

主人公の宮永咲(浜辺美波)、原村和(浅川梨奈)と共に、清澄高校マージャン部メンバーとして県大会に挑む清澄高校マージャン部の片岡優希役の廣田あいか(私立恵比寿中学)、竹井久役の古畑星夏、染谷まこ役の山田杏奈が集結。共演者の素顔や初めてのマージャン、映画の見どころなどを語ってもらった。

【山田杏奈のジャグリングに廣田あいか&古畑星夏が感嘆 より続く】

浅川梨奈はキャラが濃い

──今回はさまざまなジャンルの方が出演していますね。

廣田:この作品じゃなかったら集まらなかっただろうなっていうメンバーですよね。

古畑:そうだよね。私もアイドルの方とあまりお仕事でご一緒したことがないので。

山田:モデルさんで女優もやっている子はいるけど、アイドルの子と一緒になる機会はなかなかないですね。

古畑:(アイドルは)やっぱりテンション高くて元気で(笑)。

廣田:いひひ(笑)。

古畑:本当に明るくて素晴らしいなって思いました。

山田:一緒の時間を過ごせて、すごく楽しかったです。

──特に明るかったのは?

古畑:浅川ちゃんは、ね?(笑)

廣田:まあね。浅川君はキャラが濃いんですよ。役のキャラクターが浅川君そのままなら気にならなかったかもしれないですけど、原村和ちゃんという“女の子の中の女の子”を演じているから(ギャップが)すごくて。

古畑:浅川ちゃんは男の子っぽいというか、さばさばしているよね。

廣田:そのギャップを私たちは目の当たりにするので。役の衣装などもかわいらしくしているので、撮影中とカメラが回っていない時との差は笑わせてもらいました(笑)。

私はこの作品をやらせていただく前から浅川君とは知り合いで、プライベートでも遊んだりする仲なんです。これまでは1カ月とか2カ月という長い期間で一緒に仕事をさせていただけるとは思っていなかったので、個人的にはうれしかったし、新鮮でした。

しかも、(「きみにワルツ」など)楽曲でも一緒にやらせていただいて、同じグループとして活動できるなんて思っていなかったので。優希とのどちゃん(原村和)って、原作でも中学校からの友達で清澄高校に入った二人なんですね。私たちも元々仲が良かったし、そういうところもリンクしているなって思いますね。

マージャンを打つ仲間ほしい

──マージャンは初体験だったと思いますが、印象を教えてください。

古畑:上の世代の方がやるイメージですよね。なので、難しいのかなって思っていたんですよ。漢字とか書いてあるし。

廣田&山田:漢字…(笑)。

古畑:やる前は「これ、覚えられるかな?」「できるかな?」ってすごく不安だったんですけど、一人ではなくみんなと一緒に練習するというのが心の励みにもなったので、すごく楽しく覚えることができましたね。

廣田:まだ全部が分かるわけではないですけど、みんなと一緒に打てるくらいまではできるようになったので、実際に(空き時間に)みんなで打ったりしていました。

──映画が公開されて清澄のメンバーと会う機会がなくなると、一緒に打つ人はいなくなってしまいますね?

廣田:仲間はほしいです~。

古畑:(私立恵比寿中学は)人数が多いよね?

廣田:そうなの。メンバーは8人いるから、4・4で(2卓に分かれて)できるとか思うんですけど、たぶん興味はないだろうから。私もこのお仕事をいただかなかったら人生の中でマージャンに触れる機会があったかは分からなかったと思うんです。

だからこそ難しさもあるけど、それよりも楽しさがあるということを、この作品を通じて広めていけたらいいなって思います。もっと、マージャンが身近なものになったらいいなって。

かわいい女の子たちがいっぱい

──では、最後に読者へメッセージをお願いします。

山田:私もこのお話をいただくまではマージャンをやったことがなくて、女子高校生がマージャンってどうなんだろう?って思っていたし、すごく遠いもののような感じがしていました。

でも、実際にやってみると楽しかったし、1m四方くらいの卓に4人が向き合ってやるというのは他のゲームにはなかなかないと思うし、マージャンを通じて相手を知ることもできるなと感じたので、知らない人とでもやっていれば楽しくなるなって思いました。

私たちのようなマージャンになじみがない子でも、ルールを知らなくても楽しめる作品なので、「咲-Saki-」を通じてマージャンに興味を持つ人がきっといると思います。それでいろいろな人とマージャンができるようになれば、また楽しいなと思います。

廣田:私も最初はマージャンは難しそうだなっていう気持ちが大きかったんですけど、やっていくうちに楽しくなってきたので、それこそ興味を持っていただけたらうれしいなって思います。

「咲-Saki-」はマージャンの打ち方を見て、その子の心が読み取れるというか、性格が出たりしているんですね。こう思っているのかなっていうのを目線だけで伝えるみたいなところがあって。

学校ごとにそれぞれ思いもあるから、それらに共感して見ていただけたらマージャンのルールが分からなくても、映像だけでも楽しめる作品だと思うので、そういう感じで注目していただけたらいいなって思います。

古畑:私も最初はマージャンに対して難しい印象があったので、ルールを覚えたり慣れるまでは大変でした。自分のパイを見るだけで精いっぱいだったんですけど、やっていくうちにルールも分かるようになったので、皆さんにも楽しさを知ってもらいたいなって思います。

ルールが分からなくても、女子高校生がみんなで一つに向かっていく青春な感じは、見ていてすごくキラキラしていいものだなって思いますし、自身の青春自身も思い出してもらえる作品だなって思います。

あとは、かわいい女の子たちがいっぱい出ているので、そこもぜひ注目してもらえたらうれしいです(笑)。

廣田:さすが部長~。

映画「咲-Saki-」
2月3日(金)から東京・TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー

出演=浜辺美波、浅川梨奈、廣田あいか、古畑星夏、山田杏奈
   加村真美、樋口柚子、星名美津紀、吉崎綾、武田玲奈
   岡本夏美、あの、大西亜玖璃、長澤茉里奈、山地まり
   永尾まりや、柴田杏花、小篠恵奈、金子理江、菊地麻衣
   玉城裕規、長谷川朝晴、佐野ひなこ/夏菜
原作=小林 立(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
脚本=森ハヤシ
音楽=T$UYO$HI(The BONEZ)
オープニングテーマ=「きみにワルツ」清澄高校麻雀部(Astro Voice)
エンディングテーマ=「NO MORE CRY」清澄高校麻雀部(Astro Voice)
配給=プレシディオ
製作=(VAP AMUSE MBS A-Sketch DUB SQUARE ENIX)
監督=小沼雄一
【HP】http://www.saki-project.jp/
(C)小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト

関連画像

映画公開を前に対談を行った古畑星夏、廣田あいか、山田杏奈(左から) 【写真を見る】対談で楽しそうに語る3人 「東場が強い」片岡優希を演じることから「東」のパイを持つ廣田あいか 対談でも部長らしくリーダーシップを見せた古畑星夏

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース

# # # # # # # # #