遊川和彦のドラマ出演作

  • No Image
    となりのチカラ(2022年)松本潤主演の社会派ホームコメディー。松本演じる思いやりと人間愛にあふれながらも、何をしても中途半端で半人前な男・中越チカラが孤独に生きる現代人の心を救う。また、独創的な主人公とそれを取り巻く家族の姿を描き出すことに定評のある遊川和彦が、脚本と演出を担当する。
  • No Image
    35歳の少女(2020年)日本テレビ系で放送された「家政婦のミタ」(2011年)、「同期のサクラ」(2019年)の制作チームが集結し、柴咲コウ主演、遊川和彦が脚本を務めるオリジナル作品。1995年と2020年を舞台に、「25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だった」というところから物語がスタートし、柴咲は“35歳の少女”・時岡望美を演じる。
  • No Image
    同期のサクラ(2019年)「過保護のカホコ」(2017年)の制作チームが再集結し、高畑充希主演、遊川和彦が脚本を手掛けるオリジナルドラマ。故郷と本土を結ぶ橋を架けるという夢のため、大手ゼネコンに入社したサクラ(高畑)の10年間を描く。どんなことにも真正面から向き合うサクラと、サクラから夢のために自分を貫く大切さを教わった同期たちの物語。
  • No Image
    ハケン占い師アタル(2019年)杉咲花演じる派遣社員・アタルが、他人の“あらゆるものが見える”能力を駆使して同僚たちの悩みを解消していくお仕事コメディー。遊川和彦が脚本・演出を務める。イベント制作会社で働き始めたアタル(杉咲)は、誰にも言えない大きな秘密を抱える教育係の先輩社員・神田(志田未来)の下で雑用を任される。
  • No Image
    過保護のカホコ2018 ラブ&ドリーム(2018年)
  • No Image
    過保護のカホコ(2017年)高畑充希が民放ドラマ初主演を務め、「家政婦のミタ」(2011年日本テレビ系)などの遊川和彦が脚本を手掛けるオリジナル作品。両親に溺愛され過保護に育てられた主人公・カホコ(高畑)が、世の中を知りながら成長する姿と、変化していく家族の絆を描く。母・泉役は黒木瞳、父・正高役は時任三郎。
  • No Image
    はじめまして、愛しています。(2016年)遊川和彦が脚本を手掛け、特別養子縁組をテーマに究極の愛を正面から描くホームドラマ。子供を持たない美奈(尾野真千子)と夫の信次(江口洋介)はある出来事がきっかけで、見ず知らずの5歳の男の子と出会う。運命を感じた信次は、その男の子を自分たちの子供として育てることを決意し、家族になろうと模索する。
  • No Image
    偽装の夫婦(2015年)脚本・遊川和彦×主演・天海祐希で新しい夫婦の形を描く。穏やかな笑みと人当たりの良さで慕われるが、実は人間嫌いのヒロ(天海)。大学時代に心から愛した男・超治(沢村一樹)がいたが、体で結ばれた翌日姿を消していた。25年後、二人は偶然再会し、ヒロは超治から結婚を申し込まれるが、それは偽装結婚だった。
  • No Image
    ○○妻(2015年)柴咲コウが単独の連ドラ初主演作で、夫に尽くす献身的な妻でありながら、ある秘密を持つ妻・ひかりを演じる。脚本は「家政婦のミタ」(’11年日本テレビ系)などを手掛けた遊川和彦が担当。新しい夫婦の形を描いたラブストーリー。
  • No Image
    純と愛スペシャル(2013年)連続テレビ小説「純と愛」のスペシャルドラマ。純の元上司・桐野富士子の一日を描く。富士子が30代最後の日を迎えた朝、元恋人の大先から「今夜会いたい。大切な話がある。」と連絡が入る。
  • No Image
    純と愛(2012年)ホテル再建の為、凸凹の男女が互いに支え合い道を切り拓いていくラブストーリー。祖父が生前に経営してた魔法のような宮古島のホテル「サザンアイランド」の再生を夢見る狩野純。そんな純が大阪で、人の本性が見える力を持つという不思議な青年・愛と出会い結婚。そんな矢先、ホテルが売却の危機となり…!?
  • No Image
    家政婦のミタ(2011年)派遣先の家庭の問題を解決していくホームドラマ。母親が亡くなったばかりの阿須田家に派遣されたのは、完璧な家事の腕を持つ家政婦・三田灯。ところが、彼女には感情がなく、いつも無表情。頼まれた仕事は、どんな危険な内容でもやってしまうのだった。
  • No Image
    曲げられない女(2010年)大手法律事務所で働きながら、司法試験合格を目指す早紀は他人の目を気にせずわが道を突き進む女性。ある日、早紀は高校時代の友人・璃子に再会。昔と変わらず不器用な生き方をする早紀を案じた璃子は、彼女をブライダルフェアに連れて行くが、早紀は結婚に興味を持たず、エリート官僚・光輝にナンパされても冷たい態度ばかり。そんな中、故郷で暮らす母が倒れ、早紀は将来の選択を迫られることに。
  • No Image
    にぃにのことを忘れないで-脳腫瘍と闘った8年間-(2009年)
  • No Image
    女王の教室(2005年)和美のクラスを、怖いと評判の阿久津が受け持つことに。新学期早々、阿久津は最下位に雑用係を強制するテストを実施。緊張から和美は0点を取る。翌日、給食係の和美が鍋を倒し、量の激減した給食は阿久津と成績上位だけが食べた。腹を立てた子供たちは、隣のクラス担任・しおりに頼み、抗議してもらう。
  • No Image
    広島・昭和20年8月6日(2005年)米国が原爆を落とした日に至るまでの広島の日常を、旅館を営む4人姉弟を軸に描く。’45年、矢島家の長女・志のぶは、両親の残した旅館で女将をしていた。戦火が激しくなり、長男の年明が教官に無理強いされ少年航空隊として出征。そんな中、小学校の代用教員をする次女・信子が、建物疎開を放棄したかどで軍に捕らえられる。
  • No Image
    さとうきび畑の唄(2003年)
  • No Image
    おとうさん(2002年)士郎は東京郊外のそば店の主人。10年前に妻を亡くし、今は次女の晶、三女・まこと、そして四女の恵とともに暮らしていた。ある晩、結婚し家を離れていた長女の優が「離婚する!」と転がり込んできた。追い打ちをかけるように、恵は「大学を辞めたい」と、まことも「ひとり暮らしをしたい」と切り出す始末。黙っている晶にも、隠し事があるよう…。困惑する士郎だが、自身も娘全員の前で再婚すると宣言。仰天した4姉妹は、士郎を射止めた相手について調べて確かめようとする。
  • No Image
    オヤジぃ。(2000年)内科医を開業するガンコ親父と、その一家が繰り広げるホームドラマ。今どき珍しいガンコ親父で、常識外れの若者を怒鳴り飛ばす完一に、妻・美矢子と子供たちはあきれる毎日。そんな中、短大生の次女・すずが、合コンで出会って2週間のサラリーマン・博との結婚を宣言。完一は驚き、2人の仲を壊そうとする。
  • No Image
    GTOドラマスペシャル(反町隆史主演)(1999年)
前へ
  • 1
  • 2
次へ
遊川和彦のプロフィールへ戻る