矢島正雄のドラマ出演作

  • No Image
    鬼刑事 米田耕作(2013年)
  • No Image
    鬼刑事 米田耕作(2012年)
  • No Image
    少年時代(2009年)12歳の少年の成長、淡い恋心や友情、家族の絆を通して、誰もが経験する大人への通過点を描く。昭和42年、中学生になったばかりの畑中良平が住む岐阜・郡上八幡では、一人前の男になるために小学校卒業までに新橋から吉田川に飛び込むという風習がある。だが、良平は中学生になっても飛び込めずにいた。
  • No Image
    新・人間交差点(2006年)1980〜90年代にかけて絶大な人気を博した漫画「人間交差点」を、原作者・矢島正雄自ら後日談を書き加え再構成したドラマ。島根・出雲で農業を営む元新聞記者の寺島由次(仲代達矢)と、彼の親戚で大阪で奮闘する新人記者・富岡マリエ(佐藤江梨子)を主人公に、20年前寺島が記事に書いた人々の現在を辿っていく。
  • No Image
    凛凛と(1990年)現代のテレビにあたる機械をつくろうとした男の青春を描く。時は明治の末期。畠山幸吉は小学校を卒業後、地元の富山県魚津にある佐伯医院で助手を務めてきた。18歳で東京へ出てきたのは、尊敬する佐伯医院から中学への編入を薦められてのことだった。上京の後に、幸吉の妻となる青木郁と上野駅で出会う。
  • No Image
    盲点(あな)
前へ
  • 1
次へ
プロフィールへ戻る