永作博美のドラマ出演作

  • No Image
    この花咲くや(2022年)
  • 舞いあがれ!
    舞いあがれ!(2022年)1990年代から現代を舞台に、“空”に憧れを抱く岩倉舞(福原遥)が、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人との絆を育みながら、飛ぶ夢に向かって突き進む姿を描く。脚本は2020年に放送されたドラマ「心の傷を癒すということ」(NHK総合)を手掛けた桑原亮子が担当する。
  • No Image
    半径5メートル(2021年)女性週刊誌の若手編集者・風未香(芳根京子)と型破りなベテラン記者・宝子(永作博美)の“迷コンビ”が、ニュースにもならないような“女性たちのもやもや”に切り込む姿を描く。脚本は橋部敦子が手掛け、演出は映画監督の三島有紀子が担当する。ほか、毎熊克哉、真飛聖、山田真歩、北村有起哉、尾美としのりらが出演。
  • No Image
    左手一本のシュート(2020年)
  • No Image
    プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡(2019年)
  • No Image
    みかづき(2019年)森絵都原作の同名小説をドラマ化。学校の用務係でありながら、子供たちに勉強を教えるようになった“天才的教師”大島吾郎(高橋一生)と、戦中の国民学校の教育に反発し、自由な教育の可能性を塾に見いだした赤坂千明(永作博美)が、公私共にタッグを組み、塾業界に新たな歴史を刻んでいく姿を描く。
  • No Image
    沈黙法廷(2017年)直木賞作家・佐々木譲の初の法廷小説を永作博美主演でドラマ化。老人の不審死が連続する中、家事代行を行う山本美紀(永作)という女性が捜査線上に浮上する。警察、弁護、彼女を信じる者、それぞれの視点から彼女の人生があぶり出される。脚本は、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(2012年NHK総合ほか)の尾崎将也。
  • No Image
    刑事バレリーノ(2016年)バレエで世界一を目指していた刑事・臼島くるみ(中島裕翔)が、“前世の記憶”をめぐる事件に挑む。医師が殺害され、くるみは先輩の鷲尾(騠嶋政宏)と捜査を開始。だが、続いて第2の事件が発生してしまう。事件に“前世”が関係すると考えたくるみは、前世の記憶を引き出せるカウンセラーのあずさ(永作博美)と出会う。
  • No Image
    女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘(2016年)
  • No Image
    さよなら私(2014年)永遠の友情を誓い合った二人の少女の20年数年後を描く、女性たちの本音と真の友情物語。誰もがうらやむような幸せな家庭を築いた友美(永作博美)と、独身を貫き映画プロデューサーとして活躍する薫(石田ゆり子)は、高校時代の親友同士。同窓会で再会した二人はすぐに親密な時間を取り戻すが、友美にある疑念が生まれる。
  • No Image
    曲げられない女(2010年)大手法律事務所で働きながら、司法試験合格を目指す早紀は他人の目を気にせずわが道を突き進む女性。ある日、早紀は高校時代の友人・璃子に再会。昔と変わらず不器用な生き方をする早紀を案じた璃子は、彼女をブライダルフェアに連れて行くが、早紀は結婚に興味を持たず、エリート官僚・光輝にナンパされても冷たい態度ばかり。そんな中、故郷で暮らす母が倒れ、早紀は将来の選択を迫られることに。
  • No Image
    ドラマスペシャル いのちの島(2009年)
  • No Image
    福家警部補の挨拶〜オッカムの剃刀(2009年)
  • No Image
    四つの嘘(2008年)お互いの秘密をめぐる女性たちの泥沼愛憎劇。友人の事故死をきっかけに再会した女性たちの確執を描く。主婦・美波が元恋人・河野とカナダで密会中、水難事故死した。河野の死を知った元妻で美波の同級生・詩文は、関係ないと切り捨てるが、同じく同級生の・満希子は河野と美波の不倫関係を疑う。
  • No Image
    世にも奇妙な物語〜2007春の特別編〜(2007年)奇妙な物語を描く全5編のオムニバスドラマ。「才能玉」は、才能を欲する若者の物語。バンドマンの真和(櫻井翔)は、潮時だと言われながらも、自分の才能を信じていた。ある日、真和は眠っている才能を呼び覚ますあめ玉“才能玉”を手にする。ほか、絶望した男が電車内で不思議な体験をする「回想電車」を。
  • No Image
    功名が辻(2006年)戦国時代、土佐24万石の大名にまで上り詰めた山内一豊と、その妻・千代を描く。織田信長に父を殺された一豊は、山内家再興の思いを胸に秘め、仕官を求めて放浪していた。一方、千代は住んでいた村を落ち武者狩りに焼かれ、両親を殺される。美濃へ逃げる途中、一豊に出会った千代は、彼から母・法秀尼のいる寺で休息するように勧められる。
  • No Image
    時効警察(2006年)時効成立事件を“趣味”で捜査する、総武署時効管理課の警察官・霧山修一朗(オダギリジョー)の活躍を描くコメディーミステリー。霧山は、総武署交通課の三日月しずか(麻生久美子)と共に、自分が気になった未解決事件の真相を独自のアプローチで捜査していく。脚本・演出は三木聡、岩松了、園子温らが担当。
  • No Image
    一番大切なデート・東京の空 上海の夢(2004年)デパート勤務の女性たち5人が自身の恋愛体験を語り合うコメディー。カヤノは一時帰国した上海勤務の恵美を交えて、元同僚のさと実らと集まることに。恋人・耕太との関係に悩んでいるカヤノは、全員に「一番思い出に残るデート」を尋ねる。新入社員の香は社内で伝説になった恵美の恋愛話に興味を示す。
  • No Image
    世にも奇妙な物語 春の特別編(2004年版)(2004年)
  • No Image
    ラストプレゼント〜娘と生きる最後の夏〜(2004年)バツイチの明日香は充実した仕事と、若い恋人との暮らしを楽しんでいた。そんなある日、健康診断を受けた明日香は、医師・澤口から悪性の腫瘍で助かる見込みがないと告げられる。明日香は死ぬまでに何をすべきか悩んだすえ、元夫・聡に預けたままほぼ絶縁状態の娘・歩に会いに行くことにするが聡に断られてしまう。
前へ
  • 1
  • 2
次へ
永作博美のプロフィールへ戻る