閉じる

滝田洋二郎(たきたようじろう)

滝田洋二郎
  • ニュース

  • 放送情報

  • 出演情報

  • 関連リンク

滝田洋二郎のプロフィール

誕生日
1955年12月4日
星座
いて座
出身地
富山県
映画監督。1986年「コミック雑誌なんかいらない!」で注目を集める。続いて、1988年「木村家の人びと」、1990年「病院に行こう」、1993年「僕らはみんな生きている」、1998年「シャ乱Qの演歌の花道」、1999年「秘密」、2001年「陰陽師」、2007年「バッテリー」と、次々にヒット作を送り出す。2008年公開の「おくりびと」は日本アカデミー賞10冠獲得をはじめ、第81回アカデミー賞にて日本映画としては初の受賞となる外国語映画賞を獲得するなど、全世界で計103の賞の栄冠に輝いた。ほか、監督作品に2017年「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」、2018年「北の桜守」がある。コメディータッチのなかにも情感溢れる演出には定評があり、日本映画界を代表するヒットメーカーである。2014年、紫綬褒章を受章。

滝田洋二郎のニュース

  • これぞ青春!dTVが夏の甲子園と合わせて楽しめる「好きな野球映画」ランキングを発表

    これぞ青春!dTVが夏の甲子園と合わせて楽しめる「好きな野球映画」ランキングを発表

    2021/08/10 14:21
  • 吉岡里帆とは何者か?【てれびのスキマ】

    吉岡里帆とは何者か?【てれびのスキマ】

    2017/10/14 09:00
  • 二宮和也主演「ラストレシピ」新場面カット解禁! 西島秀俊は優しい笑顔、綾野剛はワイルドに!?

    二宮和也主演「ラストレシピ」新場面カット解禁! 西島秀俊は優しい笑顔、綾野剛はワイルドに!?

    2017/09/04 18:32
  • 嵐メンバー主演映画が続々公開!大野智、松本潤、二宮和也が出演作を語る

    嵐メンバー主演映画が続々公開!大野智、松本潤、二宮和也が出演作を語る

    2017/07/02 07:00
  • 吉永小百合“120本目の出演作”に篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛ら

    吉永小百合“120本目の出演作”に篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛ら

    2017/03/22 05:05
もっと見る

滝田洋二郎の放送情報

  • No Image

    プレミアムシネマ 陰陽師II

    2021年9月20日(月) 夜9:00/NHK BSプレミアム

  • No Image

    秘密

    2021年9月23日(木) 朝10:10/日本映画専門チャンネル

もっと見る

滝田洋二郎の映画出演作

  • No Image

    北の桜守(2018年)

  • No Image

    ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜(2017年)

  • No Image

    天地明察(2012年)

  • No Image

    おくりびと(2008年)

もっと見る

滝田洋二郎の関連人物

  • No Image

    螢雪次朗

  • No Image

    浜田毅

  • No Image

    林遣都

  • No Image

    あさのあつこ

  • No Image

    佐藤隆太

  • No Image

    ちばあきお

  • No Image

    チャーリー・シーン

  • No Image

    トム・ベレンジャー

  • No Image

    石橋貴明

  • 伊藤英明

    伊藤英明

  • 岡崎紗絵のSaestagram

    「ナイト・ドクター」出演で話題!岡崎紗絵のSaestagram

  • 連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

    #3 濱田めぐみにインタビュー!連載「真彩希帆の知りたい!芸の道」

  • ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR2021

    ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR2021

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    VOL.272 自身の“職人”な部分を告白!草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • 連載「Museの素顔」

    第1回は新井恵理那が登場!連載「Museの素顔」

  • SKE48 最新ニュース&連載まとめ

    SKE48 最新ニュース&連載まとめ

もっと見る

Q&A

滝田洋二郎の誕生日は?
1955年12月4日です。
滝田洋二郎の星座は?
いて座です。
滝田洋二郎の出身地は?
富山県です。
滝田洋二郎のプロフィールは?
映画監督。1986年「コミック雑誌なんかいらない!」で注目を集める。続いて、1988年「木村家の人びと」、1990年「病院に行こう」、1993年「僕らはみんな生きている」、1998年「シャ乱Qの演歌の花道」、1999年「秘密」、2001年「陰陽師」、2007年「バッテリー」と、次々にヒット作を送り出す。2008年公開の「おくりびと」は日本アカデミー賞10冠獲得をはじめ、第81回アカデミー賞にて日本映画としては初の受賞となる外国語映画賞を獲得するなど、全世界で計103の賞の栄冠に輝いた。ほか、監督作品に2017年「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」、2018年「北の桜守」がある。コメディータッチのなかにも情感溢れる演出には定評があり、日本映画界を代表するヒットメーカーである。2014年、紫綬褒章を受章。