広瀬量平のドラマ出演作

  • No Image
    虹(1970年)大学講師のインテリ主婦・かな子(三谷かな子)が夫の両親に仕え、病弱な夫(仲谷昇)と4人の子どもを抱えながら、戦中、戦後の苦しい時代をがむしゃらに生きていく物語。疎開や買い出しなどを経験するなかでたくましさを身につけていく。長女役の小柳ルミ子は番組終了後、「わたしの城下町」で歌手デビューした。
前へ
  • 1
次へ
広瀬量平のプロフィールへ戻る