閉じる

Chara(ちゃら)

Chara
  • Chara
  • Chara
  • ニュース

  • SNS

  • 出演情報

  • 関連リンク

Charaのプロフィール

1991年シングル「Heaven」でデビュー。一貫して「愛」をテーマに曲を創り、歌い続ける日本で唯一無二のシンガーソングライター。オリジナリティあふれる楽曲と、ライフスタイルをも含めた"新しい女性象"を体現する独特な存在感により、女性を中心に絶大な人気を得る。1992年に日本レコード大賞ポップ・ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞。1996年に公開された岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」に、劇中バンドYEN TOWN BAND のボーカルとして出演し、女優としても大きな注目を浴びる。1997年リリースのアルバム「Junior Sweet」は大ヒットを記録。Chara=「音楽そのもの」としてその才能を余す所なく創作し続け、2016年にデビュー25周年を迎え、アニバーサリーイヤーの2017年7月19日にオリジナルニューアルバム「Sympathy」を発売。2018年1月13日には生誕50年を迎え、赤坂にてバースデーライブを敢行。同年5月からは全国ツアー「Shut Up and Kiss Me!~Sweet Soul Sessions Tour~」を開催。2022年11月1日ニューシングル「A・O・U 」をリリースすると共に10月29日、30日にデビュー30周年を迎え、今秋に待望の新作が発表されるCharaの約1年ぶりのBLUE NOTE TOKYO公演を行う。

Charaのニュース

  • ヒグチアイ、ABEMA<ドラ恋 in NEW YORK>主題歌、メジャーデビュー記念日に配信リリース“生きてきたからこそふり返られるのが恋”

    ヒグチアイ、ABEMA<ドラ恋 in NEW YORK>主題歌、メジャーデビュー記念日に配信リリース“生きてきたからこそふり返られるのが恋”

    2022/11/24 12:00
  • 阿部寛主演ドラマで描かれた“鮮烈過ぎず、程よく退屈な日常”の機微<すべて忘れてしまうから>

    阿部寛主演ドラマで描かれた“鮮烈過ぎず、程よく退屈な日常”の機微<すべて忘れてしまうから>

    2022/11/23 18:31
  • 阿部寛がリアルを追求した“受けの芝居”で魅せる大人な人間ドラマ<すべて忘れてしまうから>

    阿部寛がリアルを追求した“受けの芝居”で魅せる大人な人間ドラマ<すべて忘れてしまうから>

    2022/11/19 11:10
  • ヒグチアイ、ABEMA<ドラ恋 in NEW YORK>主題歌「ネオンライトに呼ばれて」デジタルリリース決定

    ヒグチアイ、ABEMA<ドラ恋 in NEW YORK>主題歌「ネオンライトに呼ばれて」デジタルリリース決定

    2022/11/17 10:40
  • 去っていく尾野真千子“F”を見つめる阿部寛“M”の姿が切ない「すべて忘れてしまうから」第10話場面写真解禁

    去っていく尾野真千子“F”を見つめる阿部寛“M”の姿が切ない「すべて忘れてしまうから」第10話場面写真解禁

    2022/11/16 12:00
  • 阿部寛“M”と尾野真千子“F”、彼女が選んだ“幸せの形”に驚きと共感<すべて忘れてしまうから>

    阿部寛“M”と尾野真千子“F”、彼女が選んだ“幸せの形”に驚きと共感<すべて忘れてしまうから>

    2022/11/10 18:12
もっと見る

CharaのSNS

もっと見る

Charaの映画出演作

  • ゾッキ
    ゾッキ(2021年)
  • No Image
    SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年)
  • No Image
    忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 感度サイコー!!!(2011年)
  • No Image
    フリージア(2007年)
もっと見る

Charaのその他出演作

  • No Image
    音楽の日(2021年)
  • No Image
    THE SOLAR BUDOKAN 2020(2021年)
  • No Image
    ダウンタウンなう(2015年)2015年4月にスタートしたダウンタウンの冠バラエティー。人気企画“本音でハシゴ酒”では、ダウンタウンとナビゲーター兼進行役の坂上忍が、多彩なジャンルのゲストを飲食店で出迎え、お酒の力を借りて本音を引き出していく。ナレーターは佐藤仁美。
  • No Image
    本能Z(2015年)一般の人が「とっておきの話」を自ら出品、発表してもらい、それらを買い取る「エピソードのど自慢」をするバラエティー番組。今田耕司や東野幸治が、思わず人に話したくなる至極のエピソードを紹介。
もっと見る

Charaの関連人物

  • No Image

    燃え殻

  • No Image

    阿部寛

  • 尾野真千子

    尾野真千子

  • No Image

    宮藤官九郎

  • 大島優子

    大島優子

  • 酒井美紀

    酒井美紀

  • No Image

    青木柚

  • ヒグチアイ

    ヒグチアイ

  • No Image

    渡辺大知

  • No Image

    鳴海唯

  • 【秋アニメまとめ】2022年10月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【秋アニメまとめ】2022年10月期の新アニメ一覧

  • 連載「Museの素顔」

    第12回は長野美郷が登場連載「Museの素顔」

  • 第113回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第113回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 連載コラム「テレビお久しぶり」

    連載コラム「テレビお久しぶり」

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

もっと見る

Q&A

Charaのプロフィールは?
1991年シングル「Heaven」でデビュー。一貫して「愛」をテーマに曲を創り、歌い続ける日本で唯一無二のシンガーソングライター。オリジナリティあふれる楽曲と、ライフスタイルをも含めた"新しい女性象"を体現する独特な存在感により、女性を中心に絶大な人気を得る。1992年に日本レコード大賞ポップ・ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞。1996年に公開された岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」に、劇中バンドYEN TOWN BAND のボーカルとして出演し、女優としても大きな注目を浴びる。1997年リリースのアルバム「Junior Sweet」は大ヒットを記録。Chara=「音楽そのもの」としてその才能を余す所なく創作し続け、2016年にデビュー25周年を迎え、アニバーサリーイヤーの2017年7月19日にオリジナルニューアルバム「Sympathy」を発売。2018年1月13日には生誕50年を迎え、赤坂にてバースデーライブを敢行。同年5月からは全国ツアー「Shut Up and Kiss Me!~Sweet Soul Sessions Tour~」を開催。2022年11月1日ニューシングル「A・O・U 」をリリースすると共に10月29日、30日にデビュー30周年を迎え、今秋に待望の新作が発表されるCharaの約1年ぶりのBLUE NOTE TOKYO公演を行う。